【美容師監修】白髪染めトリートメント簡単おすすめランキング【口コミ】

e-白髪染め.net

最近では手間のかかる美容室に通うことをやめて、自分で初めての白髪染めをされる方が増えています。

私もその一人で、実は美容師でありながら自宅で白髪染めトリートメントを使って染めています(笑)

 

定期的に美容院へ行くのはお金も時間もかかるし、正直めんどくさいですよね。

家で綺麗に白髪染めできるなら、それに越したことはありません。

 

ここでは、私が今まで試してきた白髪染めトリートメントの中で「最も使い心地がよくて白髪染め効果が高いもの」を5つご紹介しています。

アレルギーの心配がなくて髪を痛めることもないので、白髪染めトリートメントが初めての方でも安心して染められておすすめですよ(^ ^)

管理人
「美容室で毛染めするのが面倒くさくて、ついつい白髪を放置しちゃう・・・」というあなたは、自宅で簡単に染められる白髪染めトリートメントがおすすめです♪

【決定版】白髪染めトリートメントおすすめランキング

白髪染めトリートメントおすすめランキング

数ある白髪染めトリートメントの中から「上位5位」までを掲載しました。

ランキングの順位は、以下の5つのポイントを考慮して決めました。

  1. 1回で濃く染まる
  2. 簡単に自分で塗れる
  3. 髪が潤う
  4. 色の選択肢が豊富
  5. 続けやすい値段
【白髪染めトリートメントの注意書き】

白髪染めトリートメントは「白髪のみを染めるもの」で、黒髪の色を抜くための脱色効果はありません。

髪の毛や地肌を痛めずに白髪だけを染められる、カラダに優しい商品です。

 

通常のヘアカラーは頭皮や髪へのダメージが大きいため、薄毛や頭頂部のボリューム不足を引き起こしてしまいます。

しかし、白髪染めトリートメントなら髪と地肌を痛めることがないので、加齢によっておこる髪の悩みを減らすことができます。

髪に栄養補給しながら毛染めができる、そんな白髪染めトリートメントの利用を検討してみましょう。

1位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

【評価】★★★★★(5点 / 5点)
【初回の値段】2,160円(税込・送料540円)
【通常の値段】3,240円(税込・送料540円)
【内容量】200g
【染められる回数】ミディアムヘアーで6~7回
【1回の放置時間】10分間
【色の種類】黒・焦げ茶・赤茶・黄茶の4種類

◎2009年から累計1,600万本のロングセラー
◎どんな商品よりも染まりがいい
◎美容成分が多くトリートメント効果が高い

※実際に染めてみた画像あり(下記)

 

私が今も日常的に愛用しているおすすめNO1は「利尻ヘアカラートリートメント」です。

  1. しっかり白髪を染めてくれる
  2. トリートメント成分で髪にツヤが出る
  3. 使い続けやすい値段

と三拍子揃っていて、自分で使っていて満足度が一番高い商品です。

利尻は2011年から2016年まで「白髪染めトリートメントのシェアNO1」で、やっぱりその実力は確かだなぁと感じます。

 

1回染めただけでもしっかり濃く色が入るので、手間をかけずに白髪ケアするにはもってこいの白髪染め用品です。

髪が太くて染まりにくい人でも20分~30分置けばしっかり染まります。(手や頭皮についた色は簡単に取れる)

 

そして利尻ヘアカラーには、利尻昆布の保水フコイダンほか「28種類のうるおい成分」が含まれています。

白髪を染めながら同時に美髪ケアができるのも大きな魅力ですね。(匂いは無臭)

完全無添加なので痒みや皮膚トラブルの心配がなく、安心して使い続けられますよ(^ ^)

 

利尻ヘアカラートリートメント

※人毛白髪の毛束を水で濡らしてから10分間染めた色(1回のみ)

※左から「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」

 

【色の選び方】

  • 白髪を黒髪と同じぐらい暗く染めたいなら「ブラック」
  • しっかり濃く染めたいけど、茶色みも少し欲しいなら「ダークブラウン」
  • 髪全体の印象を明るくしたい&黄色系が好きなら「ナチュラルブラウン」
  • 髪全体の印象を明るくしたい&赤みが好きなら「ライトブラウン」

 

私は明るめで元気な印象の色が好きなのでライトブラウンで染めています。

どの色でもしっかりキレイに染まるので、好きな色を選んで使ってみましょう。(定番なのはダークブラウン)

管理人
私はここ数年ずっと利尻で染めています。

毎月美容院に行くよりお金がかからずに節約になるし、お風呂の時間に手軽に染められるので時短にもなります。

しっかり染まるのはもちろん、髪の補修ケアトリートメントとしても使えるので、使い続けることでどんどん髪が綺麗になりますよ。

ちなみに公式サイトからの購入だと「1本あたり1,000円割引」になるので、Amazonや楽天で買うよりお得です。

 

利尻ヘアカラートリートメントの専門サイトを作りました!】

  • 放置時間10分と30分で仕上がりに違いが出るか
  • 皮膚についたまま染めても色がちゃんと落ちるのか
  • Amazonや楽天でも売っているけど、どのサイトが一番安いのか

利尻に関することだけを掲載してあるので、詳細を知りたい方は下記へどうぞ。

【利尻昆布】利尻ヘアカラートリートメントは染まる!使い方・口コミ評判!

2位:ルプルプ(lplp)

ルプルプ(lplp)

【評価】★★★★☆(4点 / 5点)
【初回の値段】1,980円(税込・送料540円)
【通常の値段】3,240円(税込・送料540円)
【内容量】200g
【染められる回数】ミディアムヘアーで6~7回
【1回の放置時間】10分間
【色の種類】黒・焦げ茶・赤茶・茶の4種類

◎頭皮と髪にやさしい無添加
◎「ルプルプWフコイダン」で潤いケア
◎染まり具合が利尻に一歩届かず

 

LPLPは染まりもよくカラーも4種類から選ぶことができるので、利尻の次にオススメできる白髪染めトリートメントだと思います。

(ただし1番人気のモカブラウンはあまり染まりがよくないので、使うならダークブラウンが吉)

 

LPLPを2位にさせてもらったのは利尻のほうが白髪を染める力が強かったからです。

やっぱり白髪染めトリートメント選びで一番重要なのは「白髪を染める効果」ですよね。

初めて白髪染めトリートメントを使う方には利尻ヘアカラーをお勧めします。

(LPLPは油分が強いので、髪が細かったり頭頂部にボリュームを出したい方には×)

公式サイトで購入すると初回のみ1,260円割引です。

3位:キラリ カラートリートメントムース(とろ~りムース)

キラリ カラートリートメントムース(とろ~りムース)

【評価】★★★★☆(4点 / 5点)
【初回の値段】2,760円(税込・送料無料)
【通常の値段】3,456円(税込・送料500円)
【内容量】150g
【染められる回数】ミディアムヘアーで2~3回
【1回の放置時間】10分間
【色の種類】黒・濃い茶・茶の3種類

◎2016年11月に販売開始の新商品
◎染まりやすく、美容成分も19種類配合
◎ムース状で塗りやすく、ムラができない

 

キラリのカラートリートメントムースは泡状になっていて、乾いた髪の毛に塗布するのでトリートメントというよりは「毛染め」としての印象が強いです。

また、値段が高くて1回の白髪染めに使う量も多いので、正直コスパはよくありません。

 

染められる回数はショートヘアーで5~6回分。ミディアムヘアーで3~4回分。ロングヘアーで2回分ほどです。

髪の毛が長いと2回程度しか染められないので、安い料金の美容室で白髪染めしてもらうのとあまり変わりません。

ただし通常ヘアカラーと違いキラリはアレルギー物質なしのマニキュアタイプなので、髪を痛める心配はありませんし、値段以外の悪い点はありません。

4位:POLAグローイングショット カラートリートメント

POLOグローイングショットカラートリートメント

【評価】★★☆☆☆(2点 / 5点)
【初回の値段】3,132円(税込・送料378円)
【通常の値段】同じ
【内容量】200g
【染められる回数】ミディアムヘアーで7回
【1回の放置時間】5分間
【色の種類】黒・茶の2種類

◎白髪を染めつつ髪のツヤが出る優れもの
◎独自の美容成分(黒米エキスなど)
◎色の種類が少なく、値段が高め

 

POLAグローイングショットは、独自の美容成分を豊富に配合しており、トリートメントとしての評価が高いです。

ただ、発色した色がキレイではないことと初回割引がないのがネック。

3,132円+送料378円で、1配送あたり3,510円かかるので、初回割引のある利尻の方が安く購入できます。

 

ブラウンは口コミとは違って「本当に茶色なの?」というような緑青のような薄い色に仕上がるので、少し癖があるかなと思います。

開発メーカーに「中身が入れ替わっていませんか?」と返品して確認してもらったのですが、「ブラウンでした」と言われました。買わないほうがいいと思います。

使い続けていけば赤の色がしっかり入って「赤紫」のような高級感のある色が出てきますが、やっぱり少ない回数でバッチリ染まってなんぼでしょう。

染料と髪の色素の相性もありますが、仮にキレイに染まる方がいらっしゃっても「リスクが大きい商品」であることには変わりないため、正直オススメはできません。

 

またブラックも染まりが悪く、1回染めただけじゃ全然黒くならない&青緑っぽい色になるので使わないほうがいいですね。

5位:資生堂プリオール

資生堂プリオール

【評価】★★☆☆☆(2点 / 5点)
【初回の値段】1,382円(税込・送料無料)
【通常の値段】同じ(シャンプー付属なし)
【内容量】230g
【染められる回数】ミディアムヘアーで7~8回
【1回の放置時間】5分間
【色の種類】黒・濃い茶・茶の3種類

◎大手メーカー資生堂から販売されている
◎値段が安くてたっぷりの容量なのでお得
◎カラーコンディショナーなので染色力は弱い

 

資生堂プリオールは、なんといっても「値段が安い」のが魅力的で、2回目以降の購入でも料金が安くて送料もかかりません。

 

しかし、白髪染めトリートメントと呼ぶには染色力が弱いので、一度しっかり白髪が染まった状態を維持させるための「カラーコンディショナー」といった用途に向いている商品です。

何十日も継続して染めていけばブラウンっぽくなっていきますが、「面倒くさいのは嫌だ・急な用事の前にしっかり染めたい」といった方には不向きです。(ダークブラウン・ブラウン共に仕上がりは薄めの色)

それに1~2回染めただけだと「薄い緑っぽい色」になってしまうので、「ちょっと染めるぐらいなら白髪のままのほうがいい」と思ってしまうレベルですorz

 

私は「白髪染めトリートメントは1~2回でしっかり染まらないと使い意味がない」と思っているので、資生堂プリオールは好きになれませんでした。

また美容成分も配合されていますが、髪の内部に成分が浸透するトリートメントとは違い、髪の表面をコーティングするだけのコンディショナーになっています。

染める力も補修力もあまりないので、値段とネームバリューだけが売りかなと正直思います。

はじめての白髪染めトリートメントなら「利尻ヘアカラートリートメント」

利尻ヘアカラートリートメント
  • 染まりがよくて色落ちも少ない
  • 4種類の中から色を選べる
  • 無添加で髪・頭皮にダメージを与えない
  • 2011年から5年連続でブランドシェア第1位
  • 限定キャンペーンで1,000円OFF

利尻ヘアカラートリートメントを使う前は「どうしてこの商品が白髪染めトリートメントのシェア1位なの?」と、他の商品との違いがあまりわかりませんでした。

でも、実際に色んな白髪染めトリートメントの商品を使う中で、みんなが利尻を使い続けたくなる理由がわかったんです。

 

白髪染めトリートメントというのは、綺麗に染まるのが当たり前。

「トリートメント効果は高いけど染まりにくい」「綺麗に染まるけど髪がキシキシになる」「値段が高くて使い続けられない」など、マイナスポイントが一つでもあると、他の商品に浮気してしまうんですよね。

 

でも利尻カラートリートメントは、綺麗に染まって持ちがいい。トリートメント効果も抜群で、使い続けるほどにツヤが出る。白髪も染まって髪も潤うからバスタイムが楽しくなる。値段設定も、主婦が使い続けるのに無理のない金額。

他の白髪染めトリートメントに浮気しても「やっぱり利尻がいいな」と戻ってきてしまう魅力があるんです。

 

私は美容師のくせに、ここ数年はずっと利尻ヘアカラートリートメント愛用者です。

白髪染めトリートメントで迷っているなら、まずは利尻を使ってみてください

利尻ヘアカラートリートメントの販売店・一番安く買える店

利尻ヘアカラートリートメント 販売店 料金 最安値

※表は税抜き計算です。

※楽天とAmazonは一番安い店舗の値段を参照してます。

公式サイト 楽天 Amazon
1本 2,000円
+540円
(送料)
3,000円
+680円
(送料)
2,654円
2本 4,000円 5,715円 5,241円
3本 6,000円 8,524円 7,381円

利尻ヘアカラートリートメントは「公式サイト・楽天・Amazon」の3箇所で販売されています。

その中で一番安く買えるのは「1本あたり1,000円割引キャンペーン」が行われている公式サイトです。

初めて買うときはお得な割引が適用されるので「最初は公式サイトで買う」と損しませんよ。

【使い方】白髪染めトリートメントでキレイに染めるコツ

インターネット通販で購入した白髪染めトリートメント、初めて染めるときは

  • どこから塗っていけばいいの?
  • 塗り漏れしやすい箇所はどこ?
  • どのくらいの量を塗布すればいいの?
  • 放置時間は何分ぐらい?
  • 放置中はどうすればさらに良く染まるようになる?

といった疑問がたくさんあると思います。

このページでは、白髪染めトリートメントで初めて染める方に「失敗せずに綺麗に染める秘訣」をご紹介していきます。

白髪染めトリートメント ~塗る手順と大事な部分~

e-白髪染めのアイキャッチ

まず、「白髪染めトリートメントはどの部位から塗っていけばいいの?」についてです。

一般的によく言われているのは、体温が低くて染まりにくい「後ろの下の部分」から染めるということです。

 

通常のヘアカラーのように「黒髪を明るくはしない」ので、それほど体温の影響は受けないのがトリートメントタイプですが、それでも首後ろ(ネープ)から塗ることで「均一に染まりやすい」のは確かです。

しかし、個人的には一番白髪が見えてほしくない部分から塗ることをオススメします。

 

染まりにくくて見えて欲しくない部分といえば、

  • 頭頂部(分け目)
  • フェイスライン(前から見える箇所)

といった、他の人からよく見られる箇所ですね。

 

首の後ろの中のほうは確かに染まりにくいのですが、あまり人から見られることがありません。

髪の長さやヘアスタイルにもよりますが、上の毛が被さって隠れるようになっていることがほとんどなので、それほど気にしなくてもいいかなと思います。

 

それよりも、染まりにくい部分からではなく「染まってほしい部分、染まらないと困る部分」から塗布するのが一番です。

髪の長さにかかわらず、頭頂部と顔回りの白髪は他の人からよく目立ちますし、自分でも毎日鏡をみていると気になる箇所です。

ここだけはしっかり染まってほしいという部分から薬液を塗るようにしましょう。

白髪染めトリートメント ~塗り漏れ箇所~

白髪染め フェイスライン

美容室で働いていた頃、お客様の中には自分で白髪染めをされている方もたくさんいました。

その方たちの中で「一番塗り漏れが多かった箇所」は、ずばり「フェイスライン」です。

 

先ほどの「一番見えてほしくない箇所」でもフェイスラインを挙げました。

もうお気づきかと思いますが、フェイスラインって「一番見えてほしくない箇所」でありながら「一番塗り漏れが多い箇所」でもあるんです。

 

フェイスラインは「顏に液体がつくと取れにくい」からなのか、みなさん塗り漏れが多かったです。

さらに、顔回りの中でも「富士額(おでこの生え際の中心)・もみあげ」は特に塗り忘れが多く、また染まりにくい箇所でもあります。

 

白髪染めトリートメントをするときは、

  • まず初めにフェイスラインを塗る
  • 次に頭頂部の分け目を塗る
  • その後で全体を塗る
  • 最後にチェックをかねて「もう一度フェイスラインを塗る」

という手順を踏むようにしましょう、大事な部分は最初と最後に2回チェックするようにします。

 

はじめと最後にフェイスラインに薬液を塗るようにすれば、塗り漏れもおこりにくく、塗布量が少なすぎる失敗もなくなります。

面倒に感じるかもしれませんが、自分で染めるときに失敗しやすい顔回りを完璧に染めることができます。

中の方はかきわけないと見えない部分が多いので、よく見える箇所をに力を注ぎましょう。

白髪染めトリートメント ~放置時間と染める間隔~

白髪染め 置き時間

【放置時間】

放置時間は商品ごとにも違いますし、自分の髪の染まりやすさ(太さ・硬さ)によっても変わりますが・・

初めて白髪染めトリートメントする場合は、一度商品に書いてある放置時間を目安に染めてみて、「あれ?染まりが悪い気がする」と感じた場合は+10分~+20分を目安にしてみてください。

 

ちなみに私の髪の毛は「硬くて太くて多い」ので、染まりやすい人と比べると「1.5倍~2倍」の時間がかかります(汗)

利尻ヘアカラーだったら1~3回目までは「45分」、4回目以降は「20分」置くようなイメージです。(公式では1回目~3回目が30分、4回目以降は10分とされている)

 

パーマがかかりやすい髪質でも、白髪が染まりやすいと確実には言えません。

実際に自分で染めてみて、染まり具合をチェックしながら放置時間を調節しましょう。

 

【染める間隔】

次に染めるまでの間隔は、通常毛で「7日~10日」に一度くらいになります。

最初の白髪が染まっていない頃は2~3日連続で染める必要がありますが、1回染まってしまえば、後は「色落ち度合い」「新生部の気になり具合」で調節しましょう。

長く時間を置いて染めれば色落ちはしにくくなりますが、新しく生えてきた白髪が目立ってしまうので2週間以上は空けないほうがいいでしょう。

白髪染めトリートメントは「白髪だけを染めるもので、黒髪の色は抜かない(メラニン色素を壊さない)」ので、髪にダメージを与えません。

放置時間を長くしても「髪が痛まない」ので、自分で放置時間を調節しても大丈夫な作りになっています。

※黒髪も明るくする市販のヘアカラーはぜったいに長く置いてはいけません。悲惨なことになります。

白髪染めトリートメント ~綺麗に染める工夫~

白髪染め 塗る手順

色ムラなくしっかりと染めるには、

  • 塗布後に手でこねて馴染ませる(薬液を取らないようにクシで梳かすのもアリ)
  • 放置中は「ラップ・ヘアキャップ」で保温・保湿する
  • さらにドライヤーで暖める

などの工夫をしましょう。

 

髪の毛に薬を塗った後になじませれば、塗り漏れができにくく色ムラも抑えられます。

手で揉みこむように髪と薬液を混ぜましょう。(頭皮についても取れるので心配なし)

 

放置中にラップやヘアキャップで保温すれば、染まりやすい状態になり綺麗に染めることができます。(美容成分も髪に浸透しやすくなる)

ドライヤーまでは正直面倒くさいですが、「一度染めてみたけど染まりが悪かった」という場合はぜひやってみてください。

 

また、カラー剤を流す前に「染まったかどうかをティッシュでふき取って見る」というチェックを必ず行いましょう。

染まりにくい髪質であれば、商品に書いている時間よりも長く置いておかないとキレイに染まってくれません。

染まり具合をみて、置き時間を増やしてみましょう。

冬などの寒い季節であっても、ラップを頭に巻いておけば体温で髪の毛が温められます。

そのため、保温することも重要ですが「塗った後に髪の毛と頭皮を密着させて、温度が上がりやすくしておく」ことも大事です。

頭皮の熱が髪に伝われば保温されるので、塗った後にラップやヘアキャップでさらに保温するのがベストです。

綺麗に染めるために「塗りムラがない・量が足りている・温度が確保されている」などの要点がしっかりクリアできているか確認しましょう。

初めての白髪染めトリートメントでも心配なし!

利尻ヘアカラートリートメント

初めて白髪染めトリートメントを使う際の「疑問・注意点」について一つずつお話ししました!

初めての白髪染めは、

  • どこから塗るんだっけ?
  • どれくらい塗れば染まるのかな?
  • このぐらいの放置時間で大丈夫かな?

と色々不安があると思いますが、何度か塗っていれば「こんなもんだな♪」と感覚を掴めるので安心してください。

それに髪の脱色作用を持っていない用品なので、髪が痛んだり仕上がりの色がおかしくなる心配は微塵もありません!

自分で塗っても失敗がなく、キレイに仕上がるのが白髪染めトリートメントの大きな魅力なので、まずは一度体験してみることをオススメします。

【徹底比較】白髪染めトリートメント5つを毛束に染めてみた

白髪染めトリートメント 比較

白髪染めトリートメントのうち、知名度があって有名な商品5つで検証してみました!

結論は冒頭のランキングと同じ「利尻が一番よかった」のですが、染まった色をみて「どの商品を使おうかな」と購入の判断材料になれば幸いです。

 

キラリ LPLP POLA 資生堂プリオール

利尻を染めたものと同じ「白髪の人毛毛束」に塗って、10分間置いて1回染めました。

左の毛束から

  • キラリ とろ~りムース ⇒ ダークブラウン
  • 利尻ヘアカラートリートメント ⇒ ダークブラウン
  • LPLP(ルプルプ) ⇒ モカブラウン
  • POLAグローイングショット ⇒ ブラウン
  • 資生堂プリオール カラーコンディショナー ⇒ ダークブラウン

の順番で並んでいます。

 

色だけの意見としては

  • キラリ ⇒ 少し黄みを感じる焦げ茶
  • 利尻 ⇒ 一番濃い色に染まった焦げ茶
  • ルプルプ ⇒ オシャレ染めのような明るめの茶
  • ポーラ ⇒ ブラウンで染めたのに薄い黒
  • プリオール ⇒ 赤みが入らずに「青+黄」の緑

となっていて、あまり白髪がない方であれば「キラリ・利尻」のどちらかがオススメです。

 

ポーラとプリオールは問題外だったので省きますが、ルプルプは「1番人気のモカブラウン」で染めて明るめのブラウンに染まりました。

ルプルプはモカブラウンより暗い色が「ブラック」になってしまうので、「白髪が多い+髪の印象を明るくしたい」という場合にはオススメできますが・・・

もっとしっかり染めたい場合はキラリか利尻のほうがいいですね。(白髪が少ないと染めた色が明るいため黒髪と馴染みにくい)

濃く染まるキラリと利尻の色以外を比較してみた

利尻ヘアカラートリートメント 口コミ 評判

ほどよく焦げ茶に染まって「黒髪と馴染みがいい色」に染まるのはキラリ・利尻の2つでした。

色以外の項目を比較してみると、

  • 値段 ⇒ 利尻のほうが安い(初回割引も効く)
  • 容量 ⇒ 利尻のほうが50g多い(キラリは150g・利尻は200g)
  • 染める力 ⇒ 利尻のほうが若干濃い
  • 潤い力 ⇒ 利尻のほうが美容成分が多く髪がキレイになる
  • コスパ ⇒ キラリはムースタイプで中身がなくなりやすい(利尻の1.5倍早く減る)

このように「キラリの泡タイプなので塗りやすいけど、それ以外は利尻のほうが優れている」と感じます。

 

しかし、利尻でも塗布量をたっぷりにすれば根元までしっかり染まるので、総合的に考えると「利尻ヘアカラートリートメントが一番」ですね。

利尻昆布の保湿成分「フコイダン」は思っている以上に髪が潤うので、まずは利尻を使ってみて合わなければキラリを試してみる、がいいんじゃないでしょうか。

白髪染めトリートメントのよくある質問と回答

当サイトに頂いた白髪染めトリートメントの質問の中で、特に多かったものをまとめました。

商品によっても違いがあるので、ここでは「利尻ヘアカラートリートメント」を想定した回答になっています。

白髪染めトリートメントは染まりにくいって口コミを見ましたが本当ですか?

利尻ヘアカラートリートメント

染まりづらい商品だと「10回ほど連続して染めないと色が入らないもの」もあります。

しかし、染まりやすい商品であれば1回10分置いて染めただけでキレイに色が入るので、商品選びを失敗しなければ「染まらなかった」と感じることはないでしょう。(上記は利尻ヘアカラー)

美容室で働いていたときに「ヘアマニキュア」をお客様に施術していましたが、個人的には利尻ヘアカラーは「同じぐらい濃く染まる」と感じています。(染まらない商品も多いですが…)

黒髪と白髪がまばらに生えている場合のオススメ色はどれですか?

dark brown

※上記はダークブラウンで染めたもの

白髪が浮いていると汚く見えてしまうので、黒髪に馴染みやすい濃い色で染めましょう。

地毛がかなり暗い方はブラック、そうでもない方はダークブラウンをオススメします。

髪質が染まりやすいなら明るめの色でも自然な仕上がりになりますが、髪が太くてゴワついているような場合は暗い色のほうがキレイにまとまると思います。

色選びの考え方としては「黒髪と染めた白髪部分のコントラスト(明るさの差)」をイメージしましょう。

ほとんどが黒髪なのに明るい色で染めてしまうと、暗い中に明るい毛がポツポツ出来ることになり、ヘアカラーしても黒髪と白髪のように明るさの違いが大きいままになってしまいます。

白髪部分をしっかり濃く染めたほうが、白髪だった部分と黒髪との明暗差が小さくなって馴染みやすくなり、仕上がりもキレイになりますよ。

生え際・根元をキレイに染めるコツはありますか?

生え際は、頭皮の皮脂汚れや油分がついていて「染料を弾きやすい状態」になっているので、シャンプーで油分をとった後にカラーするとキレイに仕上がります。

塗れた髪に塗るならシャンプー後、乾いた髪に塗るなら「前日のシャンプーでよく根元付近を洗っておく」を心がけましょう。

また、根元は「頭皮につかないように…」と塗布量が少なくなりがちなので、頭皮に付くぐらいベッタリと塗りましょう。(洗えば皮膚についた色は取れる)

油分をとっておく、たっぷり塗布する」と、この2点に気を付ければキレイに染まります。

手について染まっても、色は洗えば取れますか?

わざと手にカラー剤をつけたまま放置してみました。

利尻ヘアカラートリートメントの「ダークブラウン」、黒より少し明るい焦げ茶ですね。

 

10分経った後に水で流しました。

かなり濃い色に染まる染料が入っているので、水洗いだけだと薬液がついていた部分が丸わかりですね。

 

低洗浄力の泡タイプ洗剤でかるーく洗ってみました。

まだよく見ると染まっていた部分が分かりますが、簡単に色が落とせます。

スポンジでこすったり、食器用洗剤、石鹸でゴシゴシすればキレイに色が落ちるので、あまり心配しなくても大丈夫なレベルだと思います。

 

ただし、爪部分だけは「髪と同じ成分(タンパク質)」で出来ているので、意外としっかり染まってしまいます。

気になる方はドラッグストア等で売っている「ビニール手袋」をつけてヘアカラーするようにしましょう。

放置時間を変えると染まり具合はどれくらい変わりますか?

利尻ヘアカラートリートメント 置き時間 染まり具合

上記は「30分間置いたもの」で、下記は「10分間置いたもの」です。

上下同じ色で染めてみましたが、ほとんど染まり具合に違いはありませんでした。

美容師が光に透かしてみても違いが分からないくらいなので、染まりやすい毛質であれば10分でも30分でも仕上がりの色はほぼ変わりません。

 

ただ、自分で染めていて感じるのですが、

  • 長く時間を置いたほうが色落ちしにくい
  • 染まりにくい髪質なら長く置いたほうが濃く染まる

と、色落ちと染まり具合に違いが出るように思います。

 

上記は「汚れのついていない人毛白髪の毛束」での仕上がりで、私たちの頭髪に使う場合は濃く染めるために長めに置き時間を作ったほうがいいですね。

都度染めるのが面倒くさかったり、できるだけ色落ちしないようにするには放置時間を延ばしてみることをオススメします。

※染まりにくい商品の場合は、長い時間を置かないと全然染まらないものもあります。(当ページには未掲載)

若白髪がある学生にもオススメですか?学校でバレない明るさの色は?

black

※上記はブラックで染めたもの

白髪染めトリートメントは「黒髪は明るくならず、白髪だけを染めることができる」ので、若白髪のある方にもオススメです。

学校でヘアカラーが禁止の場合は「ブラック」で染めるようにしましょう。(地毛が明るくて茶色の場合はダークブラウンが最適)

地毛の明るさにもよりますが、黒以外を選ぶと「日光に当たったときにカラーしていることが95%バレる」と思います(汗)

(ただし、白髪染めトリートメントは黒髪にも色をつけるので、地毛が明るい方がブラックを使うと地毛まで暗く染まる可能性があるため注意)

男性サラリーマンです。メンズにはどんな色がオススメですか?

利尻ヘアカラートリートメント

※左から「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」

白髪の量が少なめなら「ブラック or ダークブラウン」がオススメです。

白髪が頭髪全体の2割を超えている場合は、多少明るい色でもキレイな仕上がりになるでしょう。

白髪染めトリートメントは「男女兼用」ですが、男性の髪の毛は「太くて染まりにくい場合が多い」ので、髪質を考えながら色選びしたほうがいいですね。

白髪染めトリートメントは薄毛の原因となる刺激物質が入っていないので、男性にもおすすめの白髪染め用品です。

(番外編)白髪の対処方法

白髪の対処方法としてよく挙がるものを1つずつ解説してみました。

ちなみに私は若い頃に白髪を抜きまくっていたのですが・・・今思えば染めておけばよかったと思っています。

若いときはいいけど、年齢を重ねていって「薄毛化」してきたときに後悔しますからね。(汗)

①白髪染めしないで「抜く」

髪の毛 抜く

白髪の対処方法として一番手軽なのが「抜く」です、手間はかかりますが頭からすぐ白髪をなくせます。

ただ、白髪の原因は「髪の毛じゃなくて毛穴」にあるので、抜けば一時的には対処できますが・・・高確率でまた同じ毛穴から白髪が生えてきてしまいます。

毛穴の奥にある、黒髪の色を作り出している「メラノサイト」が機能しなくなって白髪が生えてくるので、白髪を抜いてもまた白髪が生えてくる・・・と繰り返してしまいます。

 

それだけではなく、毛穴からは通常2~3本の毛が生えているために、強引に毛を抜いてしまうと毛穴が傷ついてしまいます。

そのため、何度も白髪を抜いていると「徐々に毛穴が痛んで本数が減っていき、将来的に薄毛のリスクを増やすことになる」のです。

 

白髪であっても生えていたら白髪染めしてオシャレできますが、毛自体がなくなってしまうと大変ですよね。

白髪よりも薄毛・ハゲのほうが深刻ですから、白髪を抜いて対処することはオススメしません。

余談になりますが、髪のメラニン色素を作るためには「タンパク質・亜鉛」が必要です。

 

髪色を作っているメラノサイトという細胞は、「チロシン・銅」を使って「チロシナーゼ(酵素)」を生成することでメラニン色素を作ります。

チロシンは体内で「タンパク質と亜鉛を使って作り出せる」ので、色素の元になる栄養を補給すると白髪体質を改善できるのです。(ただし加齢・ストレスの影響もあるため大幅な改善は難しい)

 

黒髪を作るには銅も必要ですが、普段の食事で十分足りているのでタンパク質と亜鉛を摂るようにしましょう。

食生活の影響も白髪には大きいので、若白髪に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

参考サイト:【決定版】若白髪対策にオススメの白髪染め|原因を減らして悩み解決

②白髪染めしないで「切る」

白髪 切る

染めないで白髪を対処するなら、抜くよりも切るほうをオススメします。

根元から切れば「毛穴を傷つけないですむ」ので、薄毛を深刻化させることもありませんからね。

 

ただし、短く切った毛はピンピンとハネてしまうので、頭頂部や分け目なんかだと「逆に目立つようになる」ということも考えられます。

 

抜くよりは全然いいのですが、頭頂部に白髪がたくさん生えている方は

  • 抜く ⇒ 薄毛になりやすい頭頂部の毛を減らすことに繋がる
  • 切る ⇒ ピンと表面に出てきて目立つ

とどちらもオススメできないので、観念して白髪染めしましょう。

③美容院で白髪染めする

美容院 ヘアカラー

多くの方は美容院で「カット+カラー」と毎月の恒例行事になっているのではないでしょうか。

自分で髪をカットするのは難しいですから、美容院で切る+染めるができれば楽ちんですよね。

ヘアマニキュアやヘナカラーなど「ダメージのない白髪染め」は美容院では珍しいメニューで、ほとんどのサロンが「アルカリカラー」という通常のカラー剤を使ったカラーリングになります。

 

アルカリカラー自体にダメージはありますが、自宅で染めるよりは

  • 時間を置きすぎて無駄に髪が痛むことはない
  • 髪の傷み具合を考慮して色の明るさを選んでもらえる
  • 自然な色合いに仕上がる(色ムラができにくい)

と「正しくカラー剤を使ってもらえる」ので、過度に髪が痛むことはありません。

それにポイント染めでグラデーションにする「ハイライト・ローライト」といったホイルワークメニューもあり、髪色をオシャレに仕上げるなら一番です。

 

ただし「刺激の強い薬剤」で染めるので、髪が痛んだり頭皮が荒れてしまうことが辛いところです。

髪が痩せて細くなってきていたり、薄毛で悩んでいたり、肌荒れしてしまう方は避けたほうがいいでしょう。

④通常のヘアカラー剤でセルフカラー

白髪染め 市販

こちらは「ドラッグストア等で買った市販のアルカリカラー剤」を使って自宅・自分で染めるものです。

白髪の対処方法としては「一番最悪なケース」で、美容師が自分で塗っても「美容院でのヘアカラー」より髪と頭皮を痛ませてしまいます。

 

値段が安い市販の薬剤は、「誰が塗ってもそこそこ色が出て染めたと感じられる」ように作られているため、発色力と髪を明るくする力がかなり強くなっています。(染料・アルカリ成分)

それに、できるだけ安くカラー剤を作っているので、安価で刺激の強い薬品が入っているのは想像できますよね。

 

市販のシャンプー剤も同じように「安い値段&洗った感が強くなるように、洗浄力の強い石油系の成分」が入っています。

安いものは「洗えた!染まった!」と一見満足しがちですが、髪や頭皮に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

また、通常のヘアカラーは「黒髪の色を抜いて明るくする作用」が入っているので、自分で染めると

  • 塗る量がバラバラで液が多くついたところが明るくなりすぎる(痛みすぎる)
  • 置き時間を長くしてしまい、無駄に髪が痛んでしまう(時間を増やしても痛むだけで色はこれ以上入らない)

などの弊害もあります。

 

ただでさえ通常のカラー剤(アルカリカラー)は髪と頭皮をボロボロにしてしまうので、その薬剤を使って自分で染めるのは避けるべきでしょう。

アルカリカラーは「強いアルカリ剤」を使って染めるので、カラー後の髪の毛がアルカリ性になってしまいます。

髪は本来弱酸性なので、残留アルカリが残っていると「髪の傷みの原因」になり、セルフカラーするなら「アルカリ除去剤」を使わないと髪がボロボロになってしまいます。(髪が開いたままになり栄養・水分が抜けてしまう)

ネット通販で「バッファーリペア」という名前でアルカリ除去剤が販売されているので、頻繁に通常のカラー剤でセルフカラーするならあったほうがいいですね。

⑤ヘアマニキュアでのセルフカラー

ヘアマニキュア

少し前まではヘアマニキュアでセルフカラーされている方がたくさんいらっしゃいました。

今は白髪染めトリートメント・白髪染めシャンプーが販売されているので減りましたが、上手に使えればすごく便利な白髪染め用品だと思っています。

 

ヘアマニキュアは「髪表面に色をくっつける」ことで白髪染めできるものです。

タール系色素が入っていて、肌についたら色が取れないので「根元付近は染められない」のがネックですが、髪が痛んだり頭皮に悪影響を及ぼすことはありません。(髪がキシむことは若干ある)

クシにマニキュアをつけて「梳かすように根元ギリギリまで塗れる」なら、染まりもいいし髪も痛まないのでオススメできる白髪染めです。

 

ただ・・・お客様によくヘアマニキュアを施術していましたが、慣れている美容師が塗っても「根元5mmの白髪」は染められないんですよね。

自分で塗ると1~2cmは確実に白髪が染まらないままになるので、そこだけが惜しいところです。

⑥白髪染めトリートメントでセルフカラー

白髪染めトリートメント 比較 キラリ LPLP POLA 資生堂プリオール

個人的に一番オススメできる白髪の対処方法です。

 

その理由は何個かあって、

  • 自宅で簡単に染められるので、抜いたり切ったりする手間とそれほど変わらない
  • ヘアカラーのように髪・頭皮が痛むことはない
  • ヘアマニキュアとは違いって「根元の白髪」までしっかり染められる
  • 無添加で低刺激なので、肌が弱くて荒れやすい方でも安心して使える
  • 白髪が染まった状態を月2,000円ほどで維持できる

ほかの白髪染め用品の短所が克服されていて、セルフカラーにはもってこいの作りになっているからです。

 

白髪染めトリートメントにも「色落ち」という短所はありますが、定期的に染める商品なので「色が落ちた分だけ周期的に足せる」ようになっています。

それに白髪は1~2週間でも結構伸びるので、1~2ヶ月に1回ヘアカラーするよりも白髪染めトリートメントのほうが「白髪が染まっている状態を作りやすい」というメリットがあります。

美容院でも伸びたところだけを染める「リタッチメニュー」なら月1~2回行ってもダメージは根元の毛にしかありませんが、それだとお金がかかって仕方ないですよね。

 

最近の白髪染めトリートメントはいい商品がたくさん出ているので、白髪染めの対処方法としては一番使いやすくて便利ですよ。

手軽だけど染まらない・・・なんてことはありませんからね、美容師も驚いてしまうほどよく染まります。

⑦白髪染めシャンプーでセルフカラー

利尻カラーシャンプー 利尻カラーシャンプー 全色 染まり具合

白髪染めシャンプーは、ほかの白髪染め用品よりも「かなり染料が薄い」ため、毎日少しずつ染まるようになっています。

でも、普段のシャンプー代わりに使うだけで白髪染めできてしまうので、「よーし今から染めるぞ!」と意気込むこともなく、白髪を染めている感覚はあまりありません。

頭を洗うだけでいいなら楽ちんですよね。

手間を最小限にして「白髪染めは面倒くさいからしたくない」と白髪を放置してしまう方には最高なんじゃないでしょうか。

 

私も試したことがありますが、白髪染めトリートメントやヘアカラーほどではありませんが、毎日使っていれば「白髪が目立たないレベル」には比較的すぐなりました。

10日~15日間ほどで白髪が染まるので、白髪染めが手間に感じているならぜひ使ってみて欲しいですね。

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判

2017.10.28

私が白髪染めトリートメントに辿り着いた経緯

【白髪染めのおさらい】

  • 白髪染めには、①白髪と黒髪を染めるタイプと、②白髪だけを染めるタイプの2種類に分けられる
  • 私が一番気に入っている白髪染め用品は「白髪染めトリートメント」
  • 白髪染めトリートメントは、白髪を染めながらヘアケアができ、刺激物が入っていないので髪が痛まない
  • 何度か染める必要がある反面、失敗することがほとんどなく、簡単なのにキレイに仕上がる

白髪染めの種類はいくつかあるので、自分の目的や予算によって最適なものを選びましょう。

わたしの場合は、年齢を重ねるごとに「髪のツヤ・コシ」がなくなってしまい、髪の色を均一に染めることよりも、白髪だけを染められて髪が痛まない方がいいと思うようになりました。

そうして、ヘアケア成分の多い白髪染めトリートメントを愛用するようになり、いくつもの商品を試して「利尻ヘアカラートリートメント」にたどり着きました。

誰でも年齢を重ねるごとに髪の質は変わってしまいますし、衰えもします。

でも少しずつケアしていけば痛んで元気がなくなった髪でも、潤いがあって綺麗な状態を取り戻すことができます。

  • 通常の白髪染めをしてダメージヘアーになっている
  • 白髪が伸びてきても放置しがち
  • 美容院で染めるのが大変で困っていた

こんな悩みがあるなら、ぜひ白髪染めトリートメントを使ってみてくださいね♪

セルフカラーでも綺麗な仕上がり⇒もう美容院では白髪染めできない

美容院で働いていたときは「自宅でセルフカラーしてきたお客さんは髪色が綺麗じゃない・・・」と正直思っていました。

ドラッグストアで白髪染め用品を買って染めるなんて、美容院にくればキレイに染められるのにと、自分で白髪染めしている人を半ば非難するような気持ちがどこかにありました。

しかし、実際に自分が美容師として働かなくなって家でセルフカラーに挑戦してみると、「使う白髪染め用品によってはこんなに手軽で綺麗に染まるのか」と驚愕したことを今でもよく覚えています。

美容師だったのに白髪染めトリートメントをよく知らなかった自分が恥ずかしくも感じました。

「白髪染めは美容院でするべき」と、特に深くは考えずにヘアサロンに通われている方も沢山いらっしゃると思います。

髪の毛を切るついでに白髪染めしてもらうから、とりあえず2ヶ月に1回行けばいい。

髪の毛が痛んでいる気はするけど、自分で染めるなんて難しいだろう。

そう思っている方にこそ、白髪染めトリートメントを使って「楽・綺麗・時短」の3つを体験してみて欲しいです。

通常の白髪染めカラーは染めたてこそ綺麗な仕上がりになりますが、ダメージの影響で髪がまとまらなくなったり、色が抜けて汚く見えるようになります。

でも、早い頻度でまた染めてしまうと、もっと髪の毛は痛んでしまうから我慢するしかありません。(上手に薬剤を選んでくれる美容師さんなら別ですが)

今は、美容院に行かないと毛染めができないなんて時代ではなく、セルフカラーで十分綺麗な髪の毛を手に入れられるようになりました。

私は美容師だったにも関わらず、自宅・自分で染める方が「時間がかからないし髪も痛まないし失敗もしない」ので、もう美容院にヘアカラー目的で通うことはなさそうです。