白髪染めの「明るい色に染まる商品」を使うなら泡タイプのほうがいい

白髪染め用品には「クリームタイプ・泡タイプ」の2種類が主に販売されていますが、黒髪も明るくする市販のカラー剤を使うなら

  • 暗めの仕上がり ⇒ クリームタイプ
  • 明るめの仕上がり ⇒ 泡タイプ

という基準で選べば失敗が減るかなぁと思います。

白髪だけが染まって、黒髪はそのまま変化がない「白髪染めトリートメント・ヘアマニキュア・黒染め」ならどちらでも問題ありませんが、黒髪も明るくなる薬剤を使うなら注意しなくてはいけません。

失敗すると「根元だけが極端に明るくなる・ある一部分だけが明るくなる」という汚い状態になってしまうからです。

明るめのカラー剤で染めるときに「泡タイプ」のほうがオススメな理由

泡タイプのものは、

  • クリームタイプより染色力が若干弱い
  • 泡の形状なため塗りムラができにくい

という特徴があり、白髪を染めるよりも黒髪の脱色するときに優れているといえます。

黒髪を明るくできる薬剤(脱色能力が強いもの)を使うときは、なるべく塗りムラができにくく、根元に薬剤が溜まりにくいものを使うべきです。

そのため、泡よりも塗りにくくてムラができやすクリームタイプは、明るめの薬剤を使うなら選ばないほうが無難でしょう。(美容師や塗り慣れている人が塗るならクリームでいいんだけども)

 

黒髪を明るくできる薬剤は、頭皮の熱によって根元付近がかなり明るく染まるようにできています。

そのため、美容室で髪を明るくするときは「まず根元以外の染まりにくい部分を塗って、その後で根元を塗る」という手順が取られています。

でも、自分でセルフカラーする際は、そんな細かく塗り分けて上手に塗れませんよね。

面倒くさいし、難しいし・・元美容師だった私でも無理があります、というか無理です(汗)

 

白髪染めで明るい色を選ぶなら、「白髪がたくさんあってしっかり染まってほしい」というよりも、どちらかというと「全体の色を明るく仕上げたい、白髪も少し分かりにくくなればそれでいい」といった感じかと思います。

そのため、明るく仕上げる際は「白髪の染まりよりも、全体に色ムラができないように、泡カラーを選ぶべき」かなと思います。(セルフなら)

全体の色みを明るくしたいけど、自分で塗ると失敗しそうな方へ

髪の毛全体を明るくする方法としては

  1. 市販の明るめに染まる白髪染めを使う(黒髪も白髪も染まる)
  2. 白髪だけを明るく染められる白髪染めトリートメントを使う(黒髪はそのままで、白髪だけ染まる)

の2つがあり、失敗しないのは②の白髪染めトリートメントを使う方法です。

 

髪の毛全体の印象は、

  • 黒髪と白髪が両方染まっている(茶髪な印象)
  • 黒髪はそのままで、白髪が明るく染まっている(暗めの茶髪な印象)
  • 黒髪はそのままで、白髪が暗く染まっている(ほぼ黒髪な印象)

となり、市販のカラー剤で明るく染めると一番上のような感じになります。

白髪染めトリートメントで白髪だけを明るく染める場合は、真ん中のような印象になり、ちょうど茶髪と黒髪の中間に感じます。

一番下はほとんど黒髪なので、単純に白髪隠ししたという感じですね。

 

髪の毛全体のうち、白髪が明るく染まっていて黒髪はそのままだと、白髪の比率によっても違いますが「暗めの茶髪のような印象」になります。

人から見たときの印象は「黒髪を脱色しなくても変わる」ので、髪のダメージや失敗のリスクを考えると、白髪染めトリートメントで明るく白髪を染めるのもアリかなと思います。

 

実際に私は白髪染めトリートメントで染めていますが、黒髪がそのままでも十分カラーしている感じになっていて、小奇麗にまとまっているかなと思います。

髪のツヤ・ハリ・コシがなくなると「髪が染まっていても汚い印象」を受けてしまうので、髪をいたわりながら白髪を染めるほうがいいこともありますよー。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる