白髪染めで起こるアレルギー症状と原因物質|カラー前のパッチテストは必須

市販されている白髪染め用ヘアカラー剤を使ったら、頭皮に「かゆい・ヒリヒリ・チクチクとした痛み」がある方も多いと思います。

これは、白髪染めに含まれている物質で「アレルギー反応」を起こしている可能性があり、今すぐ使用を中止したほうがいいでしょう。

 

ヘアカラー剤はたとえアレルギーではなくても多少の刺激は確かにありますが・・・

強いかぶれや炎症などはアレルギー症状です、ブリーチ剤以外の通常のヘアカラーでそこまで酷いことになるのは普通ではありません。

 

アメリカでは、カラー剤に含まれている酸化染料による「ジアミンアレルギー」で死亡した例なども事実あります。

「たかが白髪染めだから」と思っていると大変なことになるので軽視しちゃダメですよ。

 

(余談)

ちなみに、私は美容室で働いていましたが、特にヘアカラー剤に入っている物質でアレルギーは起こりませんでした。

でも、人によっては「手の肘あたりまで炎症が広がっていて、皮膚がボロボロになっているスタッフ」もいました、もろにアレルギー症状が出ているけど仕事だから・・・と我慢していた結果です。

人によってはかなり差がありますが、取り返しのつかないレベルになる前に使用を中止する勇気を持ちましょう。

ヘアカラー剤に含まれる「酸化染料」によるアレルギー

通常の白髪染め・おしゃれ染めに使うヘアカラー剤には「酸化染料」というものが入っています。

過酸化水素と酸化染料が反応し、染色・染毛することができる成分です。

これがないと染色力がないので、ほとんどのヘアカラー剤には入っています。

この酸化染料はジアミンという化学物質の総称で、最近は「ジアミンアレルギー」というような言葉でよく目にすることが多くなりました。

 

  • パラフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン2.5 – ジアミン
  • パラアミノフェノール

上記の3種類は、よくヘアカラー剤に入っていて、アレルギー症状の報告が出るものです。

これらが含まれているヘアカラー剤を使って強いかぶれや炎症が起きてしまった場合は、もう通常のヘアカラー剤は利用できません。

 

そういったケースや肌が荒れる心配がある方は、ジアミン系が入っていないヘアマニキュアタイプ(酸性カラー)の白髪染め用品を使うようにしましょう。

刺激物が入っていない植物染料を使った用品には

  • 白髪染めシャンプー
  • 白髪染めトリートメント
  • ヘアマニキュア
  • ヘナ

などが含まれます。

 

また、白髪染め用品を選ぶときは、

【永久染毛剤】(通常のヘアカラー剤)

という名前のものは避けてください、これがアレルギー物質の入っているものです。

 

逆に、下記のものは安心して利用できるものが数多くあります。

【半永久染毛剤】(マニキュアタイプなど)

【非酸化染毛剤】(黒染めタイプなど)

 

利尻ヘアカラートリートメント

ちなみに、上記は白髪染めトリートメントで白髪の人毛毛束を10分間染めたものです。

たった1回、お風呂に入っているときに染めてもこんなキレイに染まるので、皮膚が弱い人には俄然オススメです。

ただし、黒髪を明るくすることはできません。(黒髪の脱色には強い刺激がある成分が必要)

白髪染めトリートメントの詳細は「【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~」へどうぞ。

通常のヘアカラー剤を使うなら「パッチテスト」は必須

パッチテストとは、皮膚の薄い部分(腕の内側)に少量のカラー剤を塗っておき、アレルギー反応がないかをチェックするものです。

塗る範囲は10円玉程度で乾くぐらいの量で、放置時間は48時間(丸2日)とされています。

 

個人的に、お風呂に入るから取れちゃうし塗ったままは嫌なので48時間もパッチテストをしたことはありません。

でも、最低でも30分~1時間くらいは置いたほうがいいかなと思います。

アレルギー反応は「塗ったら即出る」わけじゃありませんが、1時間程度置いておけばだいたい分かるからです。

 

パッチテストをちゃんと行う人は全体の10%以下かもしれませんが、自分を守るのは自分だけなので、市販のカラー剤を使う場合は面倒くさくても行いましょう。

※アレルギーは前回カラーしたときは大丈夫でも今回は突然起こる・・・というケースがあります。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる