美容院の白髪染め用カラー剤と市販のものはいったい何が違う?

元美容師でした。

美容院で使われている白髪染め用のカラー剤と市販の物に大きな違いはありません。

 

ただし、人それぞれ髪の状態が違い、その人に合った薬剤を調合してもらえるのが「美容院」です。

市販の白髪染めのカラー剤は大衆向けに作られているので、100%満足できる仕上がりは難しいのが本音です。

誰でもある程度は染まるけれど、多少痛みが強かったり、染まりが悪かったり、希望していた色にならなかった・・ということが起こります。

 

まぁでも、美容室で染めても気に食わない仕上がりにされることはあると思いますけど(泣)

白髪染め用のヘアカラー剤(永久染毛剤)を使うなら美容室のほうがいい

まず、一般的によく使われている白髪染め用のヘアカラー剤についてです。

ここで言うのは、「白髪染めトリートメント・同シャンプー・ヘアマニキュア」とは違うもので、髪の内部まで色付けできる薬剤のことです。

2剤式カラー剤、アルカリカラー等と呼ばれているものですね。

 

半永久的に白髪が染まるカラー剤を使うなら、ドラッグストアで買ってきて自宅で染めることは正直おすすめできません。

黒髪と白髪の割合によって選ぶべき薬剤が変わることと、髪へのダメージが大きくなってしまうからです。

 

通常のヘアカラー剤は、黒染め以外の場合、黒髪の色をぬいて明るくしながら白髪に色を入れていくという2工程を同時に行っていきます。

そのため、黒髪のメラニン色素を削ることになり、アルカリ成分も強いため髪の毛に与えるダメージがかなり大きいのです。

 

市販のものを自分で利用して白髪染めしてしまうと、薬剤の選択や塗布の仕方・放置時間が間違っていることが多く、「髪は痛んだけど白髪がちゃんと染まらなかった・・・」という状態に陥りやすいです。

または、黒髪が予想以上に明るくなってしまった・・・というケースも多いと思います。

 

髪にダメージを与えてしまう通常の白髪染めヘアカラー剤を使うなら、プロに任せて美容室に行きましょう。

美容師だったのである程度は市販のものでも自分で染められますが、それでも完璧な仕上がりには100%できないと思います。

染まりにくい後ろの首元からキレイに塗るとか、自分ではどうやっても無理ですからね(汗)

ヘアマニキュアは市販品でも「塗りムラ」ができること以外は変わらない

ヘアマニキュアは市販のものと美容室専売のものでも、それほど大きな違いはありません。

髪にダメージを与えないものなので、自分で塗っても美容師に塗ってもらっても痛み度合いは関係ないので、自宅でセルフカラーしやすいかなと思います。

ただし、頭皮につかないように、でもギリギリ根元まで・・・という塗布の仕方は、正直自分じゃ難しいと思います。

どうしても根元の1cm程度は白髪が残ってしまうので、器用な人じゃないと厳しいですね。

自宅で染めるなら白髪染めトリートメントがオススメ

白髪染めトリートメント 利尻ヘアカラートリートメント

※上記は利尻ヘアカラートリートメントで10分間染めたものです。(人毛白髪の毛束を使用)

 

通常のヘアカラー剤は、痛みと染まり具合の関係で美容室がオススメでした。

ヘアマニキュアは、家でも髪ダメージはないものの塗るのが難しいです。

 

そこでオススメなのが白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントなら、自分でも簡単に濡れるし塗りムラもおきません。

頭皮についてもシャンプーすればすぐ取れるため、ヘアマニキュアと違って根元の白髪も自分で染められます。

そして髪への痛みは全然ありません、トリートメント成分が入っているので髪の栄養補給も同時にすることができます。

 

どうしても自宅で・自分で白髪を染めたいという場合は、白髪染めトリートメントがオススメですよー♪

白髪染めトリートメントの詳細は下記ページへどうぞ。

⇒初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる