白髪染め用とおしゃれ染め用のカラー剤に含まれる「染料」の違い|脱色とメラニン色素

「白髪はないけどダメージが少なそうだから、あえて白髪染め用のカラー剤で染めてみたい」

「おしゃれ染めは明るくなりすぎるから白髪染め用の薬剤を使ってみたい」

このような質問をネット上で見ることがあります。

 

実際に染めてみれば分かるのですが、

  • 白髪染め用とおしゃれ染め用のカラー剤では「入っている染料」が違う

ことに気付くと思います。

染料の違いを無視して薬剤を選んでしまうと、希望の色にならないことはもちろん、「明るくしたかったのに暗くなった・赤みが強く出てしまった」ということになりかねません。

白髪染めとおしゃれ染めのメカニズムを知っておこう(染料の違い)

おしゃれ染めは、黒髪のメラニン色素を壊して脱色しつつ、明るくなった髪に色を入れるヘアカラーです。

一方で白髪染めは、真っ白な白髪に色を入れる必要があるため、色を壊してから色を入れるんじゃなく「色みがない毛に色を足す」という考え方で作られています。

おしゃれ染めが「脱色(引き算)+着色(足し算)」とすれば、白髪染めは「着色(足し算)」といった感じです。

白髪染めも明るさによっては黒髪の脱色が必要になるので、おしゃれ染めのように黒髪を明るくしつつ、白髪に色を入れるものもあります。

 

ここで考えておかないといけないのが「染料の違い」で、黒髪には「青色・赤色」が多く含まれています。

その色を壊して明るくトーンアップさせてから色を入れるので、おしゃれ染めの染料にはあまり「青・赤」といったものは含まれていません。

一方で、白髪染めは「メラニン色素がない白髪を染める」ため、黒髪に多く含まれる「青色・赤色」がたくさん含まれています。

そうじゃないと白髪を濃く染めることができないほか、すぐに色落ちして「金髪のように光ってしまう」からです。

 

そのため、白髪染めカラー剤には「メラニン色素(黒色)の代わりになるような濃い色(青や赤)」が入っていることを知っておきましょう。

おしゃれ染めに白髪染め用カラー剤をつかうと「青み・赤み」が強くでやすい

おしゃれ染めに白髪染め用のカラー剤を使うと、青みや赤みが強く出ることがあります。

明るく染められる白髪染めカラー剤ならそこまで濃い染料は入っていませんが、明るさレベルでいうと「7~8トーン」に仕上がる薬剤から白髪染め特有の色みが出やすくなります。

 

また、黒髪に白髪染めカラー剤を使うと赤みが出やすくなる理由には

  • 白髪染めカラー剤の「脱色する力・ブリーチ力」が弱い

ということも関係しています。

 

黒髪を脱色していくと、色が「赤・オレンジ・黄」と変化していき、最終的には白(金髪)になります。

最初に青みがなくなって赤くみえて、次に赤みがなくなっていき黄色っぽくなり、最終的には色みがなくなって白になるのです。

 

白髪染め用のカラー剤には、あまり脱色能力がないため、メラニン色素をたくさん壊すことができません。

そのため、青みだけがなくなって赤みが見えるようになり、そこに白髪を染めるための染料(ブラウン味をだすための赤)が重なり、強い赤みが出てくるようになります。

脱色する力が弱いと「髪の毛の青み」しか壊せないため、地毛が赤くなる。

そして白髪染めカラー剤に入っている赤が重なって、より赤く見える、というわけです。

おしゃれ染めに白髪染めカラー剤を使うと、髪の状態や選ぶ薬剤にもよりますが「ヘアカラーに失敗した夏休みのヤンキー中学生」みたいになる可能性があります。(汗)

黒髪の状態から明るくしたいなら、美容院にいくことをオススメします。

 

 

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる