元美容師の愚痴:白髪染めを重ねすぎて毛先が暗くなりすぎているご年配の方が多すぎる。

このページは元美容師のわたしの「白髪染め」に関する愚痴です。

「美容室で白髪染めをしているけど、根元よりも毛先がかなり暗くなってしまっている」という方はぜひ読んでもらいたいですね。

白髪染めのお客様で、施術のたびに全体を染めるなんてありえないからね。

白髪染めのお客さんがいらっしゃるとするじゃないですか。

そんでもって、施術のたびに全体を染めている美容師・アシスタントの方が多すぎるなって思うのです。

 

街中を歩いていると、圧倒的に毛先のほうが暗くなっていて、なかば「黒色」に近いようなご年配の方をよく見かけます。

自分で白髪染めトリートメントなどを塗っているだけじゃあの暗さにはならないので、美容室でカラーしているんだろうなぁと。

 

きっと、最初の希望色は「黒」じゃなかったと思うんですよね。

毎度、美容師が全体を白髪染めしちゃってるから、染料が何度も毛先のほうに入って、真っ黒みたいになっているんだと思うんですよ。

 

それって、どうなんでしょうか?

お客さんは本当に満足されているんでしょうか?

 

真っ黒になってしまうなら、自宅で黒染めしても変わりませんよね。

高いお金を出して美容室に通っているんだから、自分でやるよりも綺麗になると思われているんじゃないでしょうか?

 

色が抜けていて、全体を染めた方がいい場合もあると思うし、お客さんが「根元だけのリタッチは嫌」と言っているのかもしれません。

でも、それにしても髪色が暗すぎるご年配の方が多すぎます。

もっと似合う髪色があるんじゃないかと。

 

白髪染めの施術では、全体にベチャベチャとスピードにのって薬剤を塗布する人が多いです。

ファッションカラーと比べると工程も少ないし、楽だし、薬剤選定も「ある意味適当」でも大丈夫かもしれないし。

 

でも、本当に髪を綺麗な状態に染めるなら、それじゃダメですよね。

色が抜けてないのに、そこにグレーカラーを施す必要性はないですよね。

 

もし、あなたが美容室に通っていて、「なぜかどんどん髪色が暗くなっていってる」と思うのであれば、その旨を担当の美容師さんに言ってみましょう。

 

もし、あなたが美容師で、深く考えずに白髪染めのお客さんに「全体染め」を提案・実行しているなら、立ち止まって考えてみてください。

 

日本のご年配の方が、もっと素敵な髪色になるように、半ば愚痴の記事をここに書いておきます。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる