カラートリートメントの説明書|白髪染めとの違い・こんな人にオススメ

「白髪染めとかカラートリートメントとか色々聞くけど、違いがあるの?」と質問を頂きました。

カラートリートメントとは、白髪染め用品の一つで「白髪を染める成分が含まれたトリートメント」のことを言います。

 

白髪染め用品にはたくさんの種類があり、それぞれ長所・短所が違います。

  • 通常のヘアカラー剤(永久染毛剤:2剤式)
  • 白髪染めシャンプー
  • 白髪染めトリートメント
  • ヘアマニキュア
  • ヘナ
  • その他

 

この中の白髪染めトリートメントが「カラートリートメント」と呼ばれているものになります。

カラートリートメントはこんなもの

カラートリートメントは、普段のトリートメント代わりに使うことで「白髪を染めながら美容成分を髪に補うことができるもの」です。

ヘアカラー剤 カラートリートメント
染まる部分 髪の内部 髪の表面
黒髪の色変化 色を抜いて明るくできる 変化なし
ダメージ あり なし
美容成分 なし あり
色持ち
自宅での染め

通常のヘアカラー剤と比べるとこんな違いがあり、文面にするとこんな感じです。

ヘアカラー剤 ⇒ 白髪と黒髪の両方を染められて色持ちがいい。ダメージはある(家では難しい)

カラートリートメント ⇒ 白髪だけを染められる、色落ちがあるので月2~4回は染める。痛まない(家でも簡単)

 

ヘアカラー剤は、白髪・黒髪の両方の色を変えられるもので、髪に与えるダメージが大きいので自分で薬剤を買って塗るのはハードルが高いものです。

「こんな色にしたくなかった・・」と失敗することも多く、できれば美容室・理容室で行ったほうがいいかなと思います。

 

カラートリートメントは、白髪しか染まらず、ダメージが全くないため自宅でも気軽に利用できます。

美容室で白髪染めをしたくない、通うのが大変・・・という方のために作られた白髪染め用品ですね。

また、髪の毛を脱色しないので、自分でも簡単に塗れてキレイに仕上がります。失敗がないのは嬉しいですね。

白髪染めマイスター
カラートリートメントは大変便利な白髪染め用品だなーと使っていて感じます。

1週間に1回使っておけば、白髪がキレイに染まった状態を維持できるので、自分で白髪染めするには最適ですよ。

 

(追記)

白髪染めトリートメント 利尻ヘアカラートリートメント

白髪の人毛毛束を利尻ヘアカラートリートメントで染めたもので、わずか10分間置いただけでキレイに染まっています。

左から「ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン」で染めました。

利尻はカラートリートメントで一番私がすきな商品で、人に勧められる高い品質があります。

詳細は下記ページで読んでみてください。

 

⇒白髪染めトリートメントのランキングページ

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

 

⇒購入はコチラ

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる