白髪染めしてみたけど白髪が金髪になったとき|染まらない原因と対策

市販の白髪染めカラー剤を買ったり白髪染めトリートメントを買って、初めて自宅・自分で白髪染めをしたときに、

  • 白髪の染まりが悪くて「金髪」みたいな仕上がりになった
  • 白髪が薄く染まっただけでキラキラと目立っている

という状態になってしまうことが多々あります。

 

これは、大きく分けて3つの理由があって、

  1. 染料がもともと薄いため、時間を置いても染まらない(薬剤選定ミス)
  2. 放置時間が短すぎた(記載されている時間よりも短かった・染まりにくい髪質だった)
  3. そもそも白髪染めトリートメントで染めている(1回で濃く染まるものではない)

などの原因が考えられます。

 

白髪染めをしてみたけど満足できる仕上がりにならなかった方は、1個ずつ解説していくので読んでみてください。

再チャレンジするもよし、違う薬剤を買って染めるのもよしですが、使い方と選び方が間違っていると「何度やっても上手にいかない」ので気を付けましょう。

利用した白髪染め用品の「染料」が薄い

市販の白髪染めカラー剤には種類がたくさんあって、

  • 色み
  • 染料の濃さ
  • 黒色(メラニン色素)を壊す力

がそれぞれ異なっています。

 

もし「染めたけど白髪があんまり染まらなくて金色に光っている」のであれば、使った薬剤の染料が薄い可能性があります。

どれだけ時間を置いても、元々の染料が薄く作られているなら、それ以上は染まりません。

むしろそういった明るめの髪に仕上げる薬剤で放置時間を長くしてしまうと、黒髪の色が脱色されすぎて「全体がかなり明るくなってしまう」という失敗に繋がってしまいます。

 

薬剤の選び方についてですが、具体例を出して解説すると、

  • 仕上がりが明るめの薬剤 ⇒ 染料(染める力)は弱めで、黒色を壊す力は強め
  • 仕上がりが暗めの薬剤 ⇒ 染料は強めで、黒色を壊す力は弱め

という風になり、

  • 明るめの薬剤 ⇒ 黒髪を脱色する力が強く、仕上がりは明るくなるけれど、白髪は染まりにくい
  • 暗めの薬剤 ⇒ 黒髪はあまり明るくならず、白髪はしっかり染まる

といった感じになります。

黒髪を明るくする能力・白髪を染める能力が違っていて、これに「赤み・オレンジみ・通常の茶色・焦げ茶」のような色みが加わります。

 

もちろん色みによっても染まり具合や色持ちは異なりますが、

  • 明るめの薬剤ほど黒髪に作用するけど、白髪を染める力は弱い
  • 暗めの薬剤ほど黒髪を明るくはできないけど、白髪を染める力が強い

ということを覚えておきましょう、ドラッグストアでカラー剤を買うなら必須の知識になります。

【この項のまとめ】

仕上がりが明るめのカラー剤を使うと「黒髪は明るくなり、白髪はあまり染まらない」

仕上がりが暗めのカラー剤を使うと「白髪はよく染まり、黒髪はそんなに明るくならない」

カラー剤は「黒髪の脱色能力」「白髪の染色能力」がそれぞれ違うので、希望の色に合った薬剤を選ばないといけない。

放置時間が短すぎる

「暗めのカラー剤を使ったのに金髪っぽく光ってしまう」といった場合は、塗った後の放置時間が短すぎる可能性があります。

カラー剤を使うときに目安にするのは「商品の説明書に書いてある放置時間」になりますが、人によって染まりやすさが違います。

染まりにくい髪質の場合は、染まりやすい人と比べると「1.5倍~2倍」の時間が必要なこともあるため、流す前にティッシュでふき取ってみて「ちゃんと染まってるか目で見て確認する」というチェックを行いましょう。

 

しかし、

  • 商品に「放置時間は30分」と書いてあって、染まりにくいから50分置いてみたけど染まっていなかった・・・

といった場合は、使っているカラー剤が明るめすぎたということになります。

1時間も2時間も放置時間を長くしてしまうと、染まりは多少よくなりますが「髪へのダメージが大きくなる」という弊害があります。

カラー剤が持っている染色力には限界があるので、あまり無茶な時間置くことはせず、別の薬剤を使ったほうがいいですね。(白髪染めトリートメントは別)

【放置時間】

自分の髪質が「太い・硬い」なら、放置時間を延ばしてみよう。

ただし、商品に書いてある時間の1.5倍以上置くことはオススメできないため、それでも染まらないなら「別の商品」を試すことが大事。

白髪染めトリートメントで染めている

さきほどまでは「通常の白髪染めカラー剤(2剤式のアルカリカラー)」のお話でした。

ここからは「白髪染めトリートメント」についてです。

 

「白髪の染まりが悪くて金色に光っている」という場合で、白髪染めトリートメントで染めているのなら、それは失敗ではありません。

白髪染めトリートメントは「徐々に髪の毛表面を染めるもの」になり、通常のカラー剤のように「髪内部に1回で発色させて染めるもの」ではないからです。

 

白髪染めトリートメントは使い始め3日ほどは毎日染めて、その後は染まり具合に応じて週1~2回染めるものです。

1回染めただけでは「白髪は金色~薄い茶色」ぐらいにしかなりませんが、回数を重ねるごとに徐々に染まっていくので心配しなくても大丈夫です。

【白髪染めトリートメント】

白髪染めトリートメントは薄く色を重ねることで徐々に白髪が染まるもの。

1回染めて白髪が金色になっても、それは失敗じゃない。

おすすめページ:【簡単】初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。

【簡単】白髪染めトリートメントおすすめランキング【口コミ】

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

(追記)白髪染めシャンプーも比較してみました!

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判