地肌が染まらないヘアマニキュアはある?|薄い染料で何度も染める必要がある

髪の毛を痛ませずにしっかり染める白髪染めカラー剤がないように、地肌が染まらないヘアマニキュアもありません。

長所と短所はどの白髪染め用品にも必ずあるので、ヘアマニキュアを使うなら「地肌につくと中々取れない」は諦めるしかないのです。

しかし、ヘアマニキュアを塗る際に「耳にキャップをつけて、フェイスラインやネープラインにコールドクリームを塗る」という工夫をすれば、皮膚に薬剤がつかなくなります。

家にある適当な油分のあるクリームならどれでも大丈夫なので、ヘアマニキュアを塗る際は「染まってほしくない箇所にクリームを塗る」を試してみてください。

地肌が染まらない白髪染めトリートメントならあります

ヘアマニキュアが地肌についてしまうのは、「1回の施術で濃い色を髪の毛表面につけるため」です。

地肌が染まらないぐらい染料を薄くしてしまうと、1回のカラーでは白髪にしっかりと色が入らなくなります。

 

ヘアマニキュアに似たような白髪染め用品には「白髪染めトリートメント」があり、そちらは地肌が染まりません。

しかし、白髪を染める力はヘアマニキュアよりも弱いので、使い始めは3~4日連続で染める必要がありますし、色落ちもするので週1回程度は染めなくてはなりません。

それでも、ヘアマニキュアのように地肌ぎりぎりに塗る必要がなく、地肌につけてもダメージもなく染まりもしないので、根元の白髪もしっかり染めることができます。

 

ヘアマニキュアは自分で塗るのはかなり難しく、熟練の美容師でも根元から5mm程度の白髪は染めることができません。

誰でも簡単に染めれて「地肌は染まらないし頭皮にも優しい白髪染めトリートメント」、私は気に入ってます。

【簡単】白髪染めトリートメントおすすめランキング【口コミ】

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

(追記)白髪染めシャンプーも比較してみました!

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判