白髪染めは皮膚についてもすぐ落とせる?種類によって色のつきやすさが違う

美容院やドラッグストアなどにある「通常の白髪染めヘアカラー剤」は、一度染まってしまうと中々落ちません。

ただ、白髪染めトリートメントなどであれば、何十分も時間を置かないかぎりは簡単に落ちます。

石鹸などの洗剤をちょっとだけ指につけて、スルスルと擦るだけで取れるので心配なしですね。

染料の濃いヘアマニキュアは一度ついてしまうと中々取れないため、白髪染めにマニキュアを使う場合は注意しましょう。

白髪染めトリートメントは簡単に取れる、2剤式アルカリカラーは取れにくい

上記の画像3つは、上から

  • 利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンを塗ったもの
  • 10分間置いてから水洗いしたもの
  • 簡単な泡石鹸で軽く洗ったもの

です、10分放置してしまっても簡単に取れます。

対して、ドラッグストアに売っている市販のアルカリカラー(白髪染め)は、放置してしまうと洗剤でもなかなか取れません。

 

白髪染めには「ヘアカラー剤・トリートメント剤・ヘナ剤・ヘアマニキュア」など色々な種類がありますが、どれでも「皮膚についたらすぐ取る」ことで色は付きません。

染まりやすさが「ヘアカラー剤>トリートメント剤」にはなりますが、成分の効果が発揮されることで髪の毛に色をつけるようになっているため、皮膚がすぐに染まってしまうことはありません。

 

ちなみに、私はよく自宅で白髪染めトリートメントを使っていますが、頭皮や指が染まっちゃって嫌だった経験・・・なんてのはないので安心してください。

頭皮にべっちゃりカラー剤がついてしまっても、10~20分放置した後でもシャンプーすれば簡単に取れます。

 

よく美容室なんかで「耳の中にカラー剤が残ってて、耳が染まってる…」なんてことがありますが、あれは薬を塗布してから時間が経っているために起こるものです。

市販のヘアカラー剤・美容室のヘアカラー剤は強い薬品なので気を付けないといけませんが、他の白髪染め(トリートメント剤など)であれば気にしなくても全然大丈夫なレベルなので安心ですね。

白髪染めマイスター
通常のヘアカラー剤で染めるなら、フェイスラインや耳のあたりなどに適当なボディークリームをあらかじめ塗っておくことをオススメします。

カラー剤を弾いて染まらないようになるので、前もってクリームで準備しておけば安心ですね。

もちろん、白髪染めトリートメントなら皮膚についたまま放置しても色はすぐ取れます、心配な方はそちらも検討してみてください。

⇒初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる