ルプルプの白髪染めトリートメント徹底解説|利尻ヘアカラーとの比較画像あり

lplp ルプルプ

白髪染めトリートメントのルプルプと利尻ヘアカラーを比較してみました。

各メーカーの全カラー4色ずつを人毛毛束に染めているので、色みや染まり具合の参考にどうぞ。

有名な白髪染めトリートメントの2大商品を美容師が徹底比較しているページです。

ルプルプと利尻の比較

lplp ルプルプ ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ライトブラウン 利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ライトブラウン ナチュラルブラウン

上がルプルプ、下が利尻ヘアカラートリートメントで染めた毛束です。

どちらの白髪染めも、乾いた髪に塗って30分置いたもので、1回染めただけでしっかり色が出ています。

 

【ルプルプの並び順(左から)】

  • ソフトブラック
  • モカブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラウン

【利尻ヘアカラーの並び順(左から)】

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン

染まり具合はどちらも1回でカラー剤が持つ本来の色・力が発揮されているので、濃く染まっていて白髪だったとは分かりません。

白髪染めトリートメントの中でもルプルプと利尻はかなり染まりがいいので、「どちらもしっかり白髪が染まる」と言っていいですね。

染まった色を比較してみた

色を見てみると、ブラック・ダークブラウンの2色はルプルプと利尻を比較しても違いは殆ど出ませんでした。

ルプルプのほうが黒色が「ソフトブラック」となっているので、地毛が明るめの方は青みが抑えられていて濃く染まりすぎないルプルプのほうが使いやすいと思います。

逆に、利尻ヘアカラーのブラックは文字通り真っ黒に染まるので、黒髪部分がしっかりした色の男性・メンズにお勧めです。

 

ルプルプのモカブラウンに対応しているのは、利尻ヘアカラーでいうと「ナチュラルブラウン」になります。

どちらも赤みが抑えられた自然な茶色で、ルプルプのほうが少し暗く、利尻のほうが明るめに仕上がっています。

赤みは抑えたい場合にオススメの色になっていて、

  • なるべく色落ちを防ぎたい、自分の髪が染まりにくい髪質 ⇒ ルプルプのモカブラウン
  • あまり暗く染まらないほうがいい、髪質も剛毛じゃないし染まりやすいと思う ⇒ 利尻のナチュラルブラウン

といったように、髪質や希望の明るさによってどちらのメーカーの色を使うべきかが分かるところです。

 

ルプルプのブラウンに関しては「多少赤みがあるオレンジブラウン」に染まるようになっていて、利尻ヘアカラーのライトブラウンは「かなり赤みを感じるオレンジブラウン」といった仕上がりになります。

赤みが強い茶色が好きなら利尻のライトブラウンを選んで、自然な明るい茶色が好きならルプルプのブラウンを選びましょう。

色以外の点を比較してみた

ルプルプ 利尻
初回金額 1,980円 2,160円
通常金額 3,240円 3,240円
色の種類 4カラー 4カラー
内容量 200g 200g
無添加
返金保証 あり なし

ルプルプと利尻を色以外の項目で比較してみました。

どちらも初回購入時に割引になるキャンペーンが公式サイトで行われていて、Amazonや楽天で買うよりもお得になっています。

色の種類や内容量・安全性については同じでした。どちらも色が豊富で中身も1ヶ月以上持つように入っていますね。

返金保証はルプルプにしかありませんが、商品到着後10日以内しか返金できないのと、送料が自分負担になるので、商品自体が安いのであまり重要ではないように思います。

刺激・かゆみ

どちらも刺激のある酸化染料・ジアミンは使われておらず、私は肌が弱いのですが両商品ともに刺激は感じませんでした。

通常のアルカリカラーだと頭皮がかゆくなって赤くなってしまいますが、ルプルプも利尻もかゆくはならず、快適に白髪染めできます。

ただ、成分だけで考えるとルプルプは染める力を強くするために「微アルカリ性」に作られているので、利尻のほうがより安全と言えますね。

また、ルプルプには染料の一つに「エタノール(+/-)-4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」が配合されています。

アレルギー性物質ではありませんが、多少の刺激がある染料なので、その点を考慮しても利尻のほうが安全性は高いです。

匂い

  • ルプルプ ⇒ ラベンダー・ローズマリー・オレンジの精油の匂い
  • 利尻ヘアカラー ⇒ ほぼ無臭

個人的に、ルプルプは「臭くないけど書いてある精油の匂いは感じない」と思っていて、好き嫌いが分かれるかなと思っています。

色落ち

どちらもシャンプーするたびに少しずつ退色していきますが、1週間に1回染めてる通常の使用を続けていれば色落ちに悩むことはないでしょう。

染めた後にしっかりと色水が出なくなるまですすいで、ちゃんとドライヤーで乾かせば服やマクラが汚れることもありませんでした。

その他

商品パッケージが「ルプルプ⇒おしゃれ」「利尻⇒ださい」なので、部屋に置きたくなるのはルプルプのほうですね。

利尻はボトルタイプなので小型+安定感があるのでしまっておきやすいのがGoodですが、見た目がださいのがちょっと難点です。

好きな色があればルプルプは買い!

lplp ルプルプ ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ライトブラウン

ルプルプの「ソフトブラック・モカブラウン・ダークブラウン・ブラウン」の中に好きな色があれば迷わず買いで問題ないです。

1回でもしっかり色が入るし、染まりにくい髪質でも30分置いて2~3日連続で染めれば、簡単に自宅で白髪隠しできます

よ。

髪や頭皮を痛ませずに白髪を染められて、入浴中に塗ってから湯船に浸かっておけば手間もそこまで感じません。

内容量200gなので短い髪型だと7~8回分、肩ぐらいまで髪があるミディアムヘアーだと4~5回分なので、週1回染めるなら1ヶ月~2ヶ月ぐらいは持ちます。

 

2,000円弱の金額で1~2ヶ月染められれば十分すぎるほどコスパはいいので、自宅でセルフカラーしたい方はぜひ試してみてください。

白髪染めトリートメントの中でもルプルプは特にオススメできる商品ですし、ロングセラーの利尻ヘアカラーと比べても遜色ありませんからね。

ルプルプの特徴

lplp ルプルプ

ルプルプは

  • 簡単に塗れてしっかり染まる
  • 髪と頭皮に優しい染料で作られている
  • 肌荒れ、髪のダメージの悩みを解消できる
  • ガゴメ昆布のぬめり成分で髪質がサラサラになる
  • 中身の94%が美容成分で、無添加処方なので安心

といった特徴がある白髪染めトリートメントで、カラダへの刺激を最小限にしつつも、しっかり白髪染めできる商品です。

黒髪を脱色して明るくすることはせず、白髪の表面に染料をくっつけて、白髪だけを染めるような造りになっています。

 

今まで10種類ほどの白髪染めトリートメントを試してきましたが、ルプルプはその中でも

  • 白髪を染める力がかなり強い(最重要)
  • 油分が多くてカラー液がオイリー(美容成分の精油が多い証拠)
  • 黒髪に馴染みやすい自然な色に染まる(4色全部)

このような特徴がある白髪染め用品だなぁと感じています。

 

ルプルプの染料には「ブラウン・茶色」が多く配合されているので、どの色で染めても「落ち着いた雰囲気」に仕上がります。

白髪染めトリートメントは「白髪だけを染めるもの」なので、ヘアマニキュアのように派手な色に染まるんじゃなくて、ルプルプみたいに少し地味な色に染まるほうが使い勝手がいいんですよね。

黒髪と馴染みがいい色は「ほどよく青みと赤みが配合されている茶色」なので、その点ルプルプは鮮やかさと明るさが抑えられているので白髪染めトリートメントを使う目的にピッタリ合っています。

 

 

どの色を選んでもしっかり白髪が染まって黒髪と馴染む、髪全体の雰囲気がまとまってキレイになれる。

 

その上で髪が痛まないし潤い成分で髪質も改善できるわけですから、やっぱりルプルプは凄いですね。

ルプルプのおすすめ色

lplp ルプルプ ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ライトブラウン lplp カラーチャート

ルプルプのおすすめ色は「モカブラウン or ブラウン」の2カラーです。

モカブラウンは、ほどよく暗めの焦げ茶色に染まり、ブラウンは明るめのオレンジ感のある茶色に染まります。

どちらも白髪を染める力はしっかりありますし、濁りのない綺麗な色なので髪のツヤも出やすいですよ。

白髪のカバー力や色落ちを考慮するならモカブラウンを選びましょう。ブラウンは明るめが好きな方に向いています。

おすすめに挙げなかったソフトブラックとダークブラウンについて

ソフトブラックは髪が細めの方の地毛と同じぐらいの暗さに染まります。

ダークブラウンはモカブラウンに赤みと青みを足して、モカよりもう少し暗く染まるようになっています。

ソフトブラックは「白髪を黒染めしたい人・茶髪にはしたくない人」にはオススメなんですが、黒くするならルプルプじゃなくてもいいと思ったのでオススメ色からは外しました。

ダークブラウンについては、ブラックとモカブラウンの中間色になるので、それならモカブラウンのほうが色の出方が綺麗なので外してあります。

 

といっても4色全てが綺麗な仕上がりになるので、私の意見は一人の個人的な感想として参考程度で考えてもらえれば幸いです。

自分の好きな色で染めるのが一番ですからね。

「白髪がこの色に染まったら髪全体の雰囲気はどうなるだろう?」と想像してみてから、購入する色を選んでみてください。

ルプルプの販売店&最安値

ルプルプ 販売店 最安値
店舗名 金額(税込) 送料 合計
公式サイト 1,980円 540円 2,520円
Amazon 3,240円 3,240円
楽天 3,240円 3,240円

ルプルプが買えるネット店舗を調べてみましたが、一番安く買えるのは「公式サイト」でした。

公式サイトでは「初回お試しキャンペーン」で39%OFFのお得な金額で買えるので、Amazonや楽天で買うと損ですね。

送料がかかってしまう点を考慮しても700円ちょっと安くなるので、ルプルプを初めて買うときは公式サイトからがオススメです。

ルプルプ公式サイトでは、初回お試しキャンペーンのほかにも「2本定期便キャンペーン」が実施されています。

2本SETで3,240円とかなり安くて、送料無料なので「実質1本1,620円」で買うのと同じですね。

ただし毎月2本届く定期便なので、ロングヘアー以外の方だと週1回の頻度で使うなら余ってしまう&定期便なのでややこしいというデメリットがあります。

2本定期便で購入するのであれば「お届け周期の変更」を行って2ヶ月に1回届くようにするなど、余らないように配送日程を調節しましょう。

※お届け周期の変更は、インターネットもしくは電話で行う

ルプルプの成分

ルプルプ 成分

基礎成分

  • 水添ナタネ油アルコール
  • ミリスチルアルコール
  • BG
  • グリセリン
  • ソルビトール
  • 尿素
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • ステアルトリモニウムブロミド
  • ヒアルロン酸Na
  • グリシン
  • オレイン酸フィトステリル
  • オリーブ油脂肪酸セテアリル
  • 結晶セルロース
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン
  • エチルヘキシルグリセリン
  • イソステアリン酸オクチルドデシル
  • 水添ロジン酸ペンタエリスリチル
  • 炭酸水素アンモニウム
  • 乳酸
  • オリーブ油脂肪酸ソルビタン
  • ステアリン酸グリセリン
  • イソプロパノール

植物由来の美容成分

  • ガゴメエキス
  • 水添コメヌカ油
  • 月見草油
  • メドウフォーム油
  • マンゴー種子油
  • ヒマワリ種子油
  • ラベンダー油
  • ローズマリー葉油
  • オレンジ果皮油

染料

【植物染料】

  • ベニバナ赤
  • クチナシ果実エキス
  • アイ葉/茎エキス

【合成染料】

  • エタノール(+/-)-4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール(染料)
  • 塩基性青99
  • 塩基性赤76
  • 塩基性茶16
  • HC青2
  • HC黄2
  • HC黄4

ルプルプについてよくある質問

ルプルプ購入前に自分が気になった点を実際に使った後にレビューしました。

使用するかどうかの参考にしてもらえれば幸いです。

ルプルプの白髪染めはかゆくなる?

ルプルプ かゆみ 刺激

私が使用してかゆくなったことはありませんが、人によってはかゆみを感じることもあります。

 

無添加処方でヘアカラー剤に含まれる刺激は徹底的になくすように作られていますが、全く刺激がないわけではありません。

ルプルプに入っている白髪を染めるための染料「ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・塩基性染料」の2つは、アレルギー性物質ではないものの少しだけ刺激があります。

また、ルプルプは白髪がよく染まるように「微アルカリ性」になっていて、敏感肌の方だと刺激を感じることがあるようです。

白髪染めトリートメントは通常のヘアカラー剤のように強い刺激はないので、まずは試してみて刺激の有無を確認してみましょう。

 

一応目安に書いておくと、私は肌が弱めでこすったりするとすぐに赤くなったり、ネックレスをつけると肌に触れる部分がかゆくなってつけれない体質です。

けど、ルプルプは頭皮につくように塗っても刺激・かゆみは感じなかったので、頭に傷がなかったら問題なく染められています。

ルプルプの白髪染めの@コスメでの口コミは?

ルプルプ @コスメ 口コミ 評判

@コスメのルプルプの白髪染めトリートメントページを見てみると、購入者の方の134件の口コミが寄せられていました。

 

【良い口コミ】

  • 生え際までしっかり染められて時間が経っても白髪が光ることはなかった!
  • 乾いた髪に置き時間を長くして塗ればよく染まる!
  • 一度染まったら2週間は持つから量販店のカラートリートメントとは別物!
  • 白髪だらけの60歳代でも赤くなったりせずに綺麗な色に染まる!
  • 美容院に行く時間がなくて使ってみたけど想像以上に染まって助かった!

 

【悪い口コミ】

  • 私の髪は染まりにくい毛質なんですがやっぱりルプルプも根元が染まらなかった。
  • ヘアカラーほど染まらないし置き時間も流すのも面倒で美容室のほうがいい。
  • 肌荒れはしないけどちゃんと染まるまで何回か染めるのが手間だった。
  • 太くて硬い髪質だけどあんまり染まらなかった。
  • 色落ちが結構あってタオルが汚れた。濡れた髪には塗らないほうがいいかも。

 

口コミを見ていると、

  • 良い口コミ ⇒ よく染まった。肌荒れしなかった。
  • 悪い口コミ ⇒ あまり染まらなかった。色落ちが気になった。

この2つが大部分を占めているように感じました。

 

私が思うに、「染まりが悪かった」という方は白髪染めトリートメント自体に期待しすぎていたのでは?と感じます。

ヘアカラーより染まらなかった・・・なんてのは当たり前で、髪を痛ませたり肌が荒れたりすることがなく白髪染めできるのが利点なので、ヘアカラーより染まったら美容院のカラーメニューがこの世から消えてしまいます(汗)

また、色落ちがあったという口コミについては、濡れた髪に塗っているか放置時間が短すぎるんじゃないでしょうか。

ルプルプに入っている染料は髪の表面にくっつけて白髪染めするものなので、乾いた髪+20~30分の置き時間を守れば、そこまで気になるほど色落ちはしません。

 

人によってルプルプ・白髪染めトリートメントに求めていたことが違うので一概にはいえませんが・・・

良い口コミのほうが圧倒的に多いので、まずはご自身で試してみることをオススメします。

ルプルプの白髪染めは男性でも使える?

ルプルプ 男性 メンズ

上の画像は公式サイトの引用です。

私は男性ですが、実際に使ってみても問題なく白髪が染まりました。

男性の髪の毛のほうが太くて硬い&皮脂汚れが多いので、女性の髪と比べると若干染まりにくくはなっています。

しかし、ルプルプは白髪染め効果が高い商品なので、染まりにくい髪質でも満足できる使い心地でした。

白髪が染まる仕組みは性別で変わらないので、白髪染めトリートメントも同様に男女兼用で使えますよー。

ルプルプの白髪染めの使い方は?

ルプルプ 使い方

ルプルプは「乾いた髪」に塗ってから、時間を置いてお湯ですすぐだけと簡単に使えます。

白髪染めトリートメントは「濡れた髪」に塗る商品も多数ありますが、ルプルプは染まりをよくするために「乾いた髪」に使うように作られています。

なので、シャンプーした後の濡れた髪に使ってもある程度は染まりますが・・・

少なくとも「染めはじめの白髪が染まっていない状態」で使うのなら、乾いた髪に塗るようにしましょう。

【綺麗に染めるためのコツ】

  • 根元まで染まるようにたっぷり塗る
  • 置き時間を長くする(30分)
  • 放置時間中は「ラップ・ヘアキャップ」で保温する

ルプルプの白髪染めの解約方法は?

ルプルプ 解約方法

上の画像は公式サイトの引用です。

ルプルプの定期便を解約するには、

  1. 次回発送日の7日前までにサービスセンターに電話する
  2. ルプルプ公式サイトのマイページにログインして手続きする

と2つの方法があります。

ネットが苦手な方は電話で伝えて、話したくない方はマイページから手続きを行いましょう。

ルプルプのヘアカラー用シャンプーって使ったほうがいいの?

ルプルプ ヘアカラー用シャンプー

できれば使ったほうが色の持ちがよくなりますが、値段が高いので別のシャンプーでもいいと思います。

ルプルプのヘアカラー用シャンプーは「低刺激のアミノ酸シャンプー」に昆布の潤い成分を追加したもので、ルプルプで染めた髪色を保つにはピッタリの商品です。

けど言い換えれば「洗浄力の弱いシャンプー」であれば退色を抑えられるので、あえて4,000円払ってルプルプ専用のシャンプーを買わなくてもいいですね。

 

市販の400~500円で販売されているシャンプーは「高級アルコール系(ラウレル硫酸NA等)シャンプー」と言われるもので、泡立ちが強い&必要以上に洗浄力があるので、色を落とす力や皮脂を取る力が強くなっています。

ルプルプは髪の表面に色をつけて白髪を染めるので、できるだけ洗浄力が抑えられた「アミノ酸シャンプー or ヘアカラー専用シャンプー」を使いましょう。

安い商品なら1,000円弱から売ってるので、なるべく色持ちをよくしたい方は調べてみてください。

【美容師監修】白髪染めトリートメントおすすめランキング10選【簡単】

美容師のわたしが、自分で試した白髪染めトリートメントのうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、30分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

頭皮と髪に一番優しい白髪染めトリートメントが「資生堂プリオール」です。

・毎日使っていると髪がサラサラになる
・気づいたら白髪が隠れている
・1,382円とほかの商品の半額で買える

通常の白髪染めトリートメントで肌が荒れたりかゆみを感じた方は、最も安全に白髪染めできるプリオールを検討してみましょう。

資生堂プリオールの白髪染めトリートメントで染めてみた|カラーコンディショナー