白髪染めの豆知識

白髪染めセルフカラー時に綺麗に染められるコツ・簡単なやり方伝授|自宅で染めれば楽ちん

自宅で簡単にセルフカラーできる「白髪染めトリートメント」を使う手順・綺麗に染めるコツを1ページにまとめました!

これから白髪染めトリートメントを使って家で染める方は、公式サイトに書いていない裏ワザも掲載してあるので最後まで読んでみてくださいね。

市販の白髪染め用品(1剤と2剤を混ぜるタイプ)の場合は商品に書いてある通りの放置時間で染めてください。

白髪染めセルフカラー時に綺麗に染められるコツ・簡単なやり方

【綺麗に染めるための手順5】

  1. 乾いた状態の髪に塗る
  2. 人からよく見える頭頂部・分け目・顔回りから塗る
  3. 粗めのクシやコームで全体を馴染ませる
  4. ラップやヘアキャップで温める
  5. 置き時間を増やす

白髪染めトリートメントで染めるときは上記の手順ですすんでいくと「塗り残しなし・白髪染め効果が高まる」といいこと尽くしです。

通常の白髪染めとは使い方や綺麗に染めるためのやり方が違うので、白髪染めトリートメント特有の方法でもあります。

一つずつ解説していくので、染めるときに迷わないようにしっかり読み込んで覚えててくださいね。

 

【手順1:乾いた状態の髪に塗る】

白髪染めトリートメントは濡れた髪・乾いた髪のどちらにも使える白髪染め用品です。

髪が水で濡れているとカラー液が多少薄まって伸びがよくなって塗りやすくなります。

反面、薄まる分だけ白髪染め効果が落ちてしまうので、より濃くしっかり染めたい場合は乾いた髪に塗ることをオススメします。

ただし塗りにくかったり中身を沢山使うため減りが早くなったりするので、最初の1回だけ乾いた髪に塗ってその後は濡れた髪に塗るというような使い方もアリですね。

 

【手順2:人からよく見える頭頂部・分け目・顔回りから塗る】

塗り始めるときは頭頂部・分け目・顔回りといった「人からよく見える部分」から塗りはじめましょう。

そうすることで大事な部分の塗りもれがなくなりますし、はじめに塗っておくことで染めている時間が長くなるため「染まって欲しい部分がちゃんと染まる」という利点があります。

人にもよりますが顔回りに白髪が生えているケースが多いですし、後ろの髪は上からかぶさった髪で隠れるので鏡で見える前のほうをよりしっかり塗るといいですね。

 

【手順3:粗めのクシやコームで全体を馴染ませる】

しっかり全体を塗り終えたら、目の粗いクシやコームで全体を軽く馴染ませましょう。

目が詰まっているクシを使うとせっかく塗ったカラー液をこそぎとってしまうので、粗めのものを必ず使ってください。

また、歯を寝かせずに立てることでカラー液をとらずに髪に通せますよ。

クシを通すことで塗りムラをなくせますし、1か所にカラー液がたまっていても全体に広げることができます。

自分で自分の頭を塗るときは必ず偏りができてしまうので、面倒くさいですが簡単にクシを通すようにしてくださいね。

 

【手順4:ラップやヘアキャップで温める】

カラー液を塗り終えて放置するときは必ずラップを巻いたりヘアキャップをつけましょう。

頭皮の熱をこもらせることで発色が綺麗になったり、よりしっかり白髪が染まるようになります。

美容院でも必ずラップで保温しますよね、白髪染めトリートメントでも同じように保温・保湿は重要ですよ。

また、温めることでトリートメント効果もアップして補修ケア能力が上がるので、保温には色々な利点があるので必須級です。

 

【手順5:置き時間を増やす】

これは白髪染めトリートメント特有なのですが、どの商品も公式サイトには「5分~15分」と短めの置き時間が書かれています。

理想は短い時間で染めるを繰り返して徐々に色を重ねたほうが綺麗な発色になるのですが、手間もかかるしカラー液の減りもめちゃくちゃ早くてコスパ最悪です。

商品を売る側に立ってみればそりゃバンバン売れてほしいところなので短い時間を書きたくなりますが、消費者の私たちにとってみれば「コスパがよくて手間のかからない染め方」のほうが断然いいですよね。

白髪染めトリートメントは置き時間を増やしても「脱色作用がない・髪や頭皮を傷めない」ので、肌に違和感が出ない範囲であればなるべく長く置いたほうがしっかり染まりますよ。

具体的には最低でも30分、できれば45分程度は置いたほうが白髪染め効果が高くなります。

単純に10分置いて流した場合とで比べると、45分置いたほうが「2倍染まる」といっても過言ではありません。

騙されたと思って1度長く置いてみてください、ほんとに染まりが全然違いますよ!

白髪染めトリートメントは使い方次第で結果が全然違ってくる

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色 利尻ヘアカラートリートメント 全色

↑利尻ヘアカラーで乾いた髪に塗って30分置いて染めた人毛毛束

白髪染めトリートメントは誰でも簡単にそれなりに染まることで知られていますが、使い方次第で結果は全然違ってきます。

ラップをして保温するだけで根本の染まり具合がまったく違いますし、置き時間を延ばすだけで2倍近くも白髪染め効果が変わるのです。

白髪は毎日伸びてくるし白髪染めはずっと生活の一部として付きまとってくる面倒くさいことですが、白髪染めトリートメントを使いこなせればかなり楽できますよ。

自宅で簡単セルフカラー、最初はやり方が分からなくて苦労しますがコツを知っていれば手軽で便利だなと思ってもらえるはずです。

おすすめの商品は下記の利尻ヘアカラートリートメントです。

当ページで解説した染め方でぜひ使いこなしてもらえれば幸いです。

↓公式サイトが最安値!1本1,000円割引&2本以上で送料無料!↓

利尻ヘアカラートリートメント公式ページ