白髪染めしたいメンズのサラリーマンは「黒色」の白髪染めトリートメント一択!

白髪が生えてきて「そろそろ白髪染めしないといけないなぁ・・・」と考えているそこのあなた!

おすすめの色は「黒色」で、白髪染め用品の中でも白髪だけに色が入る「白髪染めトリートメント」がオススメです。

 

メンズの白髪染め用品もいくつか出ていますが、白髪染め用品に「女性用・男性用」というくくりはありません。

色みによって「これは女性しか染めないだろうなぁ」という商品はありますが、働いているから「みっともない白髪だけが染まればいい」という場合、選ぶ色は黒色一択かなと思います。(男性の場合)

 

会社では、女性だと茶髪でもOKなところもありますが、男性だとほとんどが黒髪じゃないとNGなことも多いですよね。

そのため、「白髪染めトリートメントの黒色」は、白髪をしっかり染めたいメンズにピッタリかなと思います。

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めカラー剤と比べて

  • 黒髪はそのままで、白髪にだけ色を入れるもの
  • 通常のカラー剤のように1回では染まりきらないが、3回程度すれば白髪は目立たなくなる
  • 髪の毛・頭皮を痛める成分が入っていないため、「薄毛・ハゲ」を進行させる心配がない

といった点が違います。

メンズの黒染めカラー剤はドラッグストアでもいくつも販売されていますが、それらの商品は「頭皮に悪影響を与える刺激物」が入っているので、頭皮や髪に悩みがある方は使うべきではありません。

白髪染めを長年続けていると「頭皮の毛穴に薬剤が残って、ハゲや薄毛の原因になる」ため、カラダに優しい白髪染め用品を使いましょう。

市販の白髪染めは「すぐ入手できる・楽・安い」けど・・・

ドラッグストアなどで買える白髪染め用品は、だいたい1箱600~800円ほどで販売されています。

コンビニでも気軽に買うことができるので、いざというときも役に立ちます。

しかし、髪と頭皮に与えるダメージはかなり大きく、薄毛やハゲを加速させる要因になってしまいます。

 

対して、私がオススメしている白髪染めトリートメントは、インターネット通販でしか購入できません。

値段も2,000円~3,000円はするので、市販のものと比べると高く感じるかもしれません。(1本で7~8回は染められる)

でも、白髪染めトリートメントで白髪を染めるようにしていけば、髪と頭皮が痛むことはないので「髪は染めたいけど薄毛気味だし、ハゲるのも心配だからなぁ・・・」と不安にならずにすみます。

 

また、白髪染めトリートメントのデメリットとして

  • 染料が薄くて染まりにくい

が挙げられますが、男性が白髪染めされるときに選ぶ色はほとんどが黒です。

黒色なら、白髪染めトリートメントでもしっかり染まる力があります。

そのため、白髪染めをしたい男性にこそ、白髪染めトリートメントは最適だと思うのです。

たとえば、白髪染めトリートメントのシェアNO1商品「利尻カラートリートメント」では、4種類の色が販売されています。

色の濃い順に

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

となっていて、この中で男性にオススメなのが「ブラック」です。

髪の毛が比較的太いメンズの毛だと、ライトブラウンやナチュラルブラウンの染料では染まりが悪く、しっかり白髪が隠れにくいかなと思います。

会社が「黒髪じゃなくても落ち着いた色ならOK」なら、ダークブラウンでもアリですね。

おすすめページ:【簡単】初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。

【簡単】初めての白髪染めトリートメントにおすすめ ~人気ランキング~

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる