市販のカラー剤で白髪染めをしても「白髪だけに色がつく」って本当?嘘?

Yahoo知恵袋を見ていたら、

  • 美容師さんに市販の白髪染めカラー剤を使っても「白髪だけしか染まらない」と言われた

という質問を見つけました。

 

市販のカラー剤は白髪だけを染めるもので、黒髪は染まらない・変化しないというわけですが・・・

これは間違っています。

市販の白髪染めカラー剤であっても、種類によっては「白髪も染まるし、黒髪も明るくなる」ことがあります。

 

当ページでは、間違った情報を信じてしまい「市販の白髪染めを使って失敗する方」が減るように、市販のカラー剤について詳しく説明していこうと思います。

美容室通いを辞めて自宅でカラーリングする方も増えてきているので、「これから家で染めようと思っている方」にはぜひ読んでほしいですね。(失敗が減ります)

市販の白髪染め用カラー剤の種類について

市販のカラー剤の中で、「白髪だけしか染まらない」ものは、

  • 黒染め

のみと思っておきましょう。

黒染めは、濃い黒色染料が入っていて、黒髪を脱色する力はありません。

そのため、白髪だけが染まるようになっていて、黒髪は明るくならないのです。(厳密にいえば、黒の染料が濃いので地毛もより暗く染まる)

 

そして、黒染め以外の白髪染めカラー剤は、

  • 白髪を染めるための染料
  • 黒髪を脱色するための薬剤

の2つが必ず入っています。(ヘアマニキュア・ヘナ・白髪染めトリートメントには入っていない)

ドラッグストアでは「ヘアマニキュア・ヘナ」などの白髪染め用品は販売されていないことが多いので、ほとんどが上記の2つが入っていると思っておきましょう。

 

白髪染め 市販

また、商品ごとに

  • かなり明るめのブラウン
  • ほどよく明るめのブラウン
  • 少し暗めのブラウン

というように「仕上がりの明るさ」が異なります。(染料の色みも違いますが、ここでは割愛します)

この明るさというのが「黒髪をどれくらい脱色させるか」というブリーチ能力になり、明るく仕上がるカラー剤ほど「黒髪のメラニン色素を壊す力」が強くなります。

それに比例して、脱色能力が高いほど「髪に与えるダメージも大きくなる」ということも知っておきましょう。

 

脱色と発色のイメージとしては、

  • 白色の紙にクレヨンで色をつける ⇒ 薄い色でも色がよく見える
  • 黒色の紙にクレヨンで色をつける ⇒ 濃い色でも色はほとんど見えない

というように、「どれだけ明るい髪ならその色が見えてくるか」という考え方です。

黒髪の色を抜きながら明るくして、そこに染料で色をつけたときに仕上がりの色になるというものですね。

言い換えれば、希望の色が見えるまで脱色しつつ色をいれる・・・という感じです。

 

髪の毛全体をかなり明るめのブラウンにするなら、

  • 黒髪をいっぱい脱色して明るくトーンアップさせる
  • 白髪が染まりすぎないように薄い染料で染める

ということが必要になるため、「かなり明るめのブラウン色になる白髪染めカラー剤」には

  • 脱色能力 ⇒ 大
  • 染色能力 ⇒ 小

の薬剤が入っているということになります。

 

一方で、暗めのブラウンに仕上げる薬剤は、

  • 黒髪はそれほど脱色する必要がない
  • 白髪はしっかり染める必要がある

ので、脱色能力を抑えつつ、濃い染料で白髪が染まりやすいように作られています。

こちらは「黒髪の色をあまり抜かなくてもいい」ので、髪へのダメージを抑えることができます。

(余談)

美容学校に行っているとき、「白髪もしっかり染めつつ、黒髪も明るくできる薬剤は作れないのかな?」ということを考えていました。

しかし、美容室で働いて実務を繰り返すことで「そんなパーフェクトな薬剤はない」ことを実感しました(汗)

黒髪を明るくするか、白髪をしっかり染めるかといった両立は中々難しく、お店でも薬剤をいくつか混ぜて工夫しても限界があります。

また、人によっても「薄い染料でも染まるか、白髪の染まりに重きを置いて「全体を明るくすることは諦めるか」といった選択が強いられることもあります。

選ぶカラー剤によって「黒髪の脱色・白髪の染色・ダメージ」の3つが異なる

簡単にまとめると、

  • 市販の白髪染めカラー剤でも、黒染め以外は「黒髪が脱色される」
  • 選ぶカラー剤によって「黒髪の脱色・白髪の染色・髪へのダメージ」が違う
  • 自分が何を求めるかで薬剤を選ぶべき(全体の明るさ?白髪の染まりやすさ?髪への負担?)

ということになります。

黒髪の脱色 白髪の染まり ダメージ
暗めの仕上がり
中間の仕上がり
明るめの仕上がり

表にするとこんな感じですね。

また、「白髪の染まりやすさ」についてですが、暗めの色で染めたほうが「早く、よく染まる」ことになります。

 

明るい色だと「中々入らないし、時間を長くしても染まり具合に限界がある(限界までが早い)」ので気を付けましょう。

それに、脱色能力が高い明るめのカラー剤を使うと、長く置けば置く分だけ「黒髪だけが明るくなっていく」ので、仕上がりが汚くなり、髪への負担も大きくなってしまいます。

市販の薬剤でセルフカラーするなら、「暗めの色のほうが失敗しにくい」です。

正直、明るめの薬剤でカラーするのは「美容師でも失敗することがある」ので、それを自分でするのは若干無謀な気もします(汗)

頭皮の熱が伝わりすぎて根元が明るくなりすぎたり、塗る箇所の順番を間違えて仕上がりの色が不揃いになったりしやすいので、白髪染めだからといって「明るい色の薬剤を自分で塗る」ことはオススメできません。

【簡単】白髪染めトリートメントおすすめランキング【口コミ】

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

(追記)白髪染めシャンプーも比較してみました!

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判