理容室で「白髪ぼかし」をするくらいなら、白髪染めシャンプーを使うほうが楽でお得。

最近、「白髪ぼかし」ってなんですかと聞かれることが多くなりました。

 

白髪ぼかしとは、理容室専用のメニューになり、白髪を黒髪になじむような「グレー色」に染めるものを言います。

一回で綺麗に白髪染めしてしまうと、会社にいったときに「あ!染められたんですね~!」と言われてしまうかもしれない・・・と気になる方のための、バレない白髪染めメニューということですね。

 

確かに、男性は白髪染めをすると「なんか恥ずかしい」と感じることが多いそうで、気持ちも分からなくはありません。

今まで染めてなかったのに急に染めると、「かっこつけてると思われるかな?」という感情になりますよね。

 

そんなこんなで、白髪ぼかしについての記事なんですが・・・

ズバリ、白髪ぼかしをお店で頼むくらいなら、自宅で白髪染めシャンプーしたほうがいいでしょう。

白髪ぼかしの効果がある「白髪染めシャンプー」とは

白髪染めシャンプーは、毎日使っているシャンプーの代わりに使うことで、徐々に白髪が染められるカラー剤になります。

洗浄力のある泡と、白髪を染める染料が入っているため、1回で白髪を染める力はありません。

でも、だからこそ「一度に染まらないからバレない」ですし、少しずつ染まるため「いい感じのグレーヘアー」にも出来るのです。

 

白髪ぼかしは、白髪をほどよく染めるメニューなので、それの自宅版が「白髪染めシャンプー」という感じで、代用できるんですよね。

 

違う点といえば、1回の利用では染まらないため、毎日繰り返し使う必要があることです。

一見面倒くさく感じますよね。

でも、実際に使ってみると「普段のシャンプーと変わらない」ので、何も気にしなくても徐々に染まっていき、意外と楽ちんです。

「これぐらいの色合いでいいかな?」と思ったら、次の日から「普通のシャンプー」に戻せばいいですし。

 

白髪染めシャンプーは、女性よりも男性にこそ、オススメしたい便利グッズなんですよ~!

白髪染めシャンプーを選ぶときの注意点

白髪ぼかしは、黒髪はそのままで、白髪だけを「黒色」で染めることにより、いい感じのグレーヘアーにできます。

そのため、白髪染めシャンプーを代用として使う場合は、「ブラウン系(茶色)じゃなくブラック系(黒色)を選ぶ」ということが必要です。

 

ブラウン系の白髪染めシャンプーを使ってしまうと、徐々に染まっていっても「黄み」が出てしまうので、白髪ぼかしとは違う色の仕上がりになってしまいます。

しっかりと黒系の色を選ぶことで、白髪ぼかしの代わりになるので、購入時は注意するようにしましょう。

白髪染めマイスター
ちなみに、市販の白髪染めシャンプーは「男女兼用」に作られていることが殆どです。

そのため、色の展開が「薄い茶色・ふつうの茶色・濃い茶色・黒」の4パターンぐらいはどの商品もあります。

男性で白髪ぼかし用に使うなら、この場合は「黒」を選びましょう。

黒といっても、何度も使用することによって徐々に染まっていくので、途中でやめれば「シルバー・グレー」といった色にもできるためです。

⇒初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。