白髪染めトリートメントとヘナはどっちがよく染まる?各染毛剤の長所・短所

白髪染めトリートメントとヘナは、どちらも黒髪はそのままで白髪だけを染めることができる染毛剤です。

髪の毛にダメージを与えずに白髪だけを染められるため、髪の傷みが気になる方に人気がある染料ですが・・・

  • どっちのほうがよく染まるの?
  • 各染毛剤のメリットとデメリットはなにがあるの?
  • 自宅・自分で染めるならどちらが簡単?

と、色々な疑問があるかと思います。

Yahoo知恵袋や教えてGoo!!といった口コミ型相談サイトでも、上記のような質問が多くありました。

 

そこで今回は、元美容師の私が「白髪染めトリートメント・ヘナ」について書いていこうかなと思います。

染める力は「ヘナ>>白髪染めトリートメント」

白髪を染める力はヘナのほうが強いと感じます。一度染まった後に色落ちがしにくいのです。

ヘナは植物染料を使った天然カラー剤で、

  • 塗った後の放置時間が2~3時間と長い分、染まりもよく色も抜けにくい

という特徴があります。

ただし、デメリットとして

  • 独特の匂いがある
  • 色みは赤色が強く、オレンジ色に光りやすい(ブラウンにはならない)
  • 一度染まったら落ちないため、色を変えられない

などがあり、仕上がりの色が好きかどうかが大きく分かれるものです。

 

対して白髪染めトリートメントは、

  • 染色力が弱いかわりに手軽に使える(自分でも簡単に塗れる)
  • お風呂でも濡れて、放置時間も短い(長くても30分)
  • 何度も塗れば綺麗なブラウン色になる(色みも選べる)

といったメリットがあります。

また、トリートメント成分がたくさん入っているので、放置時間中に髪のケアが同時にできるのも嬉しいです。

使い始めは毎日染める必要はありますが、髪をキレイにしながら染められるので、髪の乾燥やゴワつきなどのダメージが気になる場合はそれほど手間に感じないですね。

 

どちらの染毛剤も「髪と頭皮に優しく作られている」ものが殆どなので、後は「塗る回数の違い・仕上がりの色み」で考えたらいいかなぁと思います。

マニキュアっぽい仕上がりならヘナを使って、茶色っぽくしたいなら白髪染めトリートメントを使う、という感じで選んでもいいですね。

白髪染めトリートメントとヘナを両方体験したことがありますが、このように思います。

  • ヘナ ⇒ 植物染料なのでオーガニック好きにはGood。ヘアマニキュアのような仕上がりになる。
  • 白髪染めトリートメント ⇒ 無添加でダメージレスのものが多い。何度も染めれば綺麗な茶色にもなる。

個人的には、自宅で自分で染めるなら・・・白髪染めトリートメント一択かなと思います。

美容室でヘアマニキュアをしてるけど自宅で~というならヘナが代替になりますが、それ以外なら白髪染めトリートメントのほうがいいかなと。

おすすめページ:【簡単】初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。

【簡単】白髪染めトリートメントおすすめランキング【口コミ】

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

(追記)白髪染めシャンプーも比較してみました!

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判