子供の若白髪は「白髪染めトリートメント」で解決|中学生・高校生・思春期の辛い悩み

中学生・高校生と若い年齢であっても、白髪がたくさん生えてくることがあります。

私の父は白髪が若い頃から多かったのですが、私自身も高校生の頃から白髪に悩まされていました。

 

そんなとき、「美容院に連れていってあげて白髪を染めてもらおうかな」と思う反面、「学校ではヘアカラーNGだし、カラー剤は体に悪そうだし、毎月連れていくのも難しいし・・」と親御さんも悩まれるかと思います。

それに、思春期で若白髪があるのは本人にとってはすごく恥ずかしいことなので、「美容院で白髪を見られるのは嫌だ、恥ずかしくて行けない」という気持ちもあります。

「美容院いって染めよっか」と伝えても、きっと本人は嫌がるはずです。

 

そんなときにどうするか?

白髪染めトリートメントを使って、自分で染めてもらいましょう。

子供の若白髪には白髪染めトリートメントが最適

白髪染めトリートメントなら、若白髪のつらい悩みを解決することができます。

私が若い頃は販売されてなかったので羨ましい限りです。

 

白髪染めトリートメントは、「黒髪はそのままで、白髪だけ染めるもの」で、髪の毛の表面に色を定着させることで染められます。

黒髪に色が載っても黒色なので、白くて色が乗る白髪だけが染まる、というわけですね。

 

通常のヘアカラー剤は刺激物・アレルギー物質が入っているので、頭皮や髪を痛める原因になり、カラダには悪影響です。

しかし、白髪染めトリートメントは「髪の表面に色をつけるだけ」なので、ヘアマニキュアと同じくカラダに悪いものは含まれていません。

 

それに、黒髪を明るくすることは100%ないので、学校で「おまえ染めてるやろ~」と先生やほかの生徒さんにバレることもありません。(白髪の悩みがあって白髪だけ染めるなら怒られません)

思春期だから自宅・自分で対処できる方法が一番いい

私自身、白髪がたくさん生えていてかなり悩まされました。

今では「薄毛よりも染めれば解決できる白髪のほうがマシだよね(笑)」と言えますが、当時はかなり辛かったことをよく覚えています。

 

そんな思春期のときは、誰かに白髪を染めてもらうのはすごく嫌で、ましては白髪染めのために美容院に通うなんてもってのほかでした。

それなら、カラダに悪くても多少手間がかかっても、市販のカラー剤で黒染めするほうがマシとさえ思っていました。

 

白髪染めトリートメントは、カラダに悪くないし白髪だけを染められるし、なにより「自宅・自分で染めることができる」のが嬉しいです。

誰の手を借りることもなくセルフカラーできる、お風呂に入っているときに簡単に塗れる。

若白髪対策にはピッタリですよ。

ヘアカラーNGの学生さんが白髪染めトリートメントを使うなら「色はブラック」を選びましょう。

白髪染めトリートメントは各メーカーから4種類ほどの色が販売されていますが、黒髪の学生さんが使うなら黒一択です。

【簡単】白髪染めトリートメントおすすめランキング【口コミ】

元美容師のわたしが、自分で試した「白髪染めトリートメント」のうち、良かったものを5つ紹介しています。

①自分で簡単に染められる
②トリートメントタイプでもしっかり染まる
③髪の毛にダメージを与えない、ケア成分が入っている
④頭皮に優しく、アレルギー・刺激物質なし
⑤経済的に利用しやすい

これらの項目をクリアーしているものだけを掲載していて、「初めて白髪染めを自分でする」という方にもオススメできるものです。

自宅で手軽に白髪染めができて、髪の毛をいたわりながら白髪隠しができる。
ぜひ一度体感してみて欲しいと思います。

ちなみに、10分間置いて1回染めただけでこんなにキレイに白髪に色が入ります。

美容師いらず・・・すごい世の中になりましたね(苦笑)

⇒白髪染めトリートメントを選んでみる

(追記)白髪染めシャンプーも比較してみました!

【決定版】白髪染めシャンプーランキング|利尻カラーシャンプーの口コミ評判